お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

読書

(読書)0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円~個人でできる「事業買収」入門~ /奥村 聡

少し前に読んだ、「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい/三戸政和」に続いて、事業買収の本を読みました。 こちらは、もう少し実務的な話が多かった印象です。ただまぁ甘くはないなぁという印象です。起業で一からルートや人脈、技術を築くより…

(読書)ストックビジネスの教科書/大竹 啓裕~コロナになって注目のストックビジネス

コロナ禍でイベントをはじめフロービジネス関係が壊滅状態です。逆に注目されているのがストックビジネス。 ということで勉強のために本書を読んでみました。 具体例はほとんど役に立ちそうなものはありませんでしたが、理論の部分は的確にまとめられていま…

(読書)里山発電-地方の未来を変えるソーラーシェアリング/中村 鉄哉

本ブログでも度々出てくる太陽光発電。僕自身も今年1月から1基所有しました。そんな中気になっているワードが「ソーラーシェアリング」。畑の上に単管を通し、太陽光発電設備を設けるというものになります。 そんな「ソーラーシェアリング」について調べた…

(読書)税務署が嫌がる「税金0円」の裏ワザ/大村大次郎

確定申告の時期が近づいてきました。 ということで税金について興味がわき、図書館で適当に目に留まったのがこの本。 元税務署員という著者が具体的に、かつ税制についてディスりながら書かれています。非常に読みやすいです(2012年の本なので、一部状況が…

(読書)父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。/ヤニス・バルファキス~

元ギリシャの財務大臣による経済ネタの本。結構売れています。 本書が面白いは、経済の本質について、その歴史的経緯からわかりやすい言葉で綴られているところ。 特に面白かったのは、「格差」についての述べられている部分。 昨今、世界的に「富むもの」と…

(読書)フリーランスの教科書/見田村 元宣, 内海 正人

太陽光発電の開始にあたり、個人事業主の申請を出したことあり手に取った本。 税金、保険、年金のこと。会社員だと全部会社でやってくれていたことがわかります。フリーになるんなら全部自分でやらなければならない。 なにをどうやればいいのかを、会話形式…

(読書)サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい/三戸政和~起業ではなく会社を買うという発想が新鮮

たまたま本屋で見かけて手に取りました。Amazonで解説を読むと ネットメディア「現代ビジネス」に「飲食店経営に手を出したら、その先には『地獄』が待っている」「60過ぎたら、退職金で会社を買いなさい」などをアップ、累計500万超のPVという記録を打ち立…

(読書)知っている人だけが得をする太陽光発電投資/菅原秀則

野立て太陽光投資を始めるということで手に取った本になります。初めて産業用太陽光発電に参入しようと考えている個人の方にとっては簡単に学ぶことができる1冊でした。 僕自身、昨年末に野点太陽光を契約しましたその前に各WEBサイトなどで調べたことが的…

(読書)サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい/吉川英一

野立て太陽光発電を契約したこともあり、個人事業主の税金についての本を読みたくなり、適当に見つけて読んだ本になります。 本書は個人事業主の税金というものではなく、個人会社というものでしたので、飛ばし読みで読ませていただきました。 個人の税金や…

(読書)敗者のゲーム/チャールズ・エリス~連休にインデックスファンドのバイブルを読んでみた!

GWということで、読書の記事です。今回読んだのは、インデックス投資家のバイブルの1冊である「敗者のゲーム」。既に原著6版が出て全米累計100万部という投資本の名著になります。 度々語られる、インデックス投資の優位性 本書では、いかにインデックス投…

今年一番のヒットの社会学『ファクトフルネス』から考える投資について

ビルゲイツが大学卒業の希望者全員にプレゼントするなど秀逸の宣伝文句で、社会関係で今年一番のヒット本になっている「ファクトフルネス」を読んでみました。 ヒットしているだけあって面白い!医者でありデータサイエンティストである著者による世界の思い…

一生楽しく働ける50代からの起業 スモールビジネスのすすめ/吉原直樹

新書などで年齢をタイトルに入れ、明確にターゲットとする方法があります。このやり方嫌いではなく、ターゲットを明確にした方が、総花的にならずに本全体がまとまります。 本書はタイトルにもある50歳前後の会社員をターゲットにした本になります。 定年も…

(読書)難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!~初心者向けの良書

kindleの読み放題だったので、サクッと読んでみました。ライターの大橋さんが、インデックスブロガーで人気の経済専門家の山崎元さんのもとを訪ねていき、資産運用の指南をしてもらう形式で書かれています。 結論として、毎月インデックス投資信託を買いなさ…

(読書)生涯投資家/村上世彰~目指したのは、コーポレートガバナンスとお金の循環

Kindleにて読了。 村上ファンドで世の中を騒がせた村上世彰氏の自伝になります。メディアでは悪者のイメージがついている彼ですが、そんな彼側から語ったものになります。もちろんニッポン放送や阪神電鉄の買収についても、彼側の側面で語られています。 こ…

(読書)小林一三 時代の十歩先が見えた男/北康利

たまには読書の話題。 資産を築くにはサラリーマンではなく、事業家になるというのが一番だというのは昔も今も変わりません。 今回は、阪急グループを作った男、小林一三の伝記になります。 大阪出身の僕にとっては、わりと馴染みがある人で、いつか調べたい…

(読書)起業家のように企業で働く/小杉俊哉

たまには読んでいる本の話題を。今回はビジネス書。 会社員である僕にとってまだまだ一番の収入源は、給与収入ですから。同じ給与収入について得られるなら有意義な方がよりいいですもんね。 本書は4つのチャプターにわかれています。 志をもつ 起業家のよ…

(読書)専業主婦は2億円損をする/橘玲

時々読んでいる橘玲さんの新作になります。年末年始にkindleにて無料配信されていたので読ませていただきました。 ネット界隈で「2億円損をする」ということに対して反論が広がったことに対して、ちゃんと本を読んで欲しいということで無料公開を決めたとい…

(読書)「不労所得」のつくり方/吉川英一

「不労所得」 良い響きですね。そんなタイトルにひかれて本書を手にとりました。 資産形成の第一歩は、分散にありますが、収入源についても複数持っていた方が良いとされます。僕をはじめ多くの会社員は、まず「給与所得」によって基本的な収入ベースが確保…

(読書)会社に左右されない仕事術/三田紀房 ~仕事とは?お金とは?

少し前にKintone版で格安で販売されていたキャリア漫画「エンゼルバンク ドラゴン桜外伝 全14巻 完結セット 」。これはと思い購入して読んでみました。 普段は漫画はほとんど読まないのですが、ビジネスノウハウがわかりやすく書かれていることもあり、面白…

(読書)ワーク・シフト/リンダ・グラットン ~これからの働き方、生き方、そして価値観について考える本でした

たまにはリアルなお金のお話しから外れてみます。 数年前のベストセラーである本書。しっかりとした本を読みたいと思い、読んでみることにしました。 暗い未来と明るい未来、そして未来の働き方とは? 本書ではまず未来において起こることを5つ挙げています…

(読書)新・所得倍増論/デービット・アトキンソン 「生産性」に注目してみよう!

たまにはマクロ的なお話しをということで、Amazonでベストセラーになっていた本として購入しました。 キーワードは1人当たり 本書の9割は、現状の日本の生産性の低さを説いています。日本は世界3位のGDPの国ではあるが、一人当たりはGDPは27位と先進国のほ…

AMAZON サイバーマンデーで、ついにKindle Paperwhiteを購入!

今週月曜日からスタートしているAMAZON のセール、サイバーマンデー。以前から欲しいとおもっていたKindle Paperwhiteをついに購入しました! プライム会員なら7300円OFFの6980円‼なんと半額以下になっています。 ※12月10日現在、在庫切れで配達が12月20日以…

(読書)新しいお金術/松浦弥太郎

派手ではなく清貧という言葉がしっくりくる大人の男、松浦弥太郎氏のお金に対しての考え方が書かれた一冊。 お金を「お金さん」として呼んで、友達のような関係になろうというのが大前提。友達として喜ぶことはなにか、嫌がることはなにかという基準に基づい…

(読書)マンションは10年で買い替えなさい/沖有人

不動産本です。今回はマンションを所有する側の本になります。 本書によれば、費用対効果の良いマンションを自宅として所有することで、資産を築くことができるということを説いています。 分譲マンションの8つの真実 まずはどういうマンションがよいかにつ…

(読書)マンション格差/榊淳司

子供を持つ家庭のご他聞にもれず我が家もマイホーム購入するかどうかで頭を悩ませています。基本的には賃貸派なのですが、親からの援助や低金利などにひかれて購入もなくはないというスタンスです。ただ購入する場合は、中古マンションもしくは一戸建てかと…

価値観の共有のため妻が読んだ本たちを紹介するよ!

先の記事で妻と価値観を共有するために、同じ本を読んだということを書きました。具体的にどんな本を読んだか(「お金」について)を紹介していきます。 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門 作者: 橘玲 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日:…

(読書)江戸の小判ゲーム/山室恭子  読んで思う、お金を回すことに昔も今も四苦八苦していること

ふるさと納税やら株主優待やらと現物的な記事が多いので、今回は趣向を変えてお金に関する本の記事です。今回読んだのは「江戸の小判ゲーム」というもの。 経済学から江戸時代を考察することで、教科書的な江戸時代の印象を覆します。 驚きのポイントは、 武…

Amazonで話題の本、「教育の経済学」を読んでみた。

この夏からAmazonで話題になっており読んだ本。教育を経済的(というか統計的)な視点から分析した本。 統計的な視点から見ると… この本、非常につくり方がよく、重要なところはページ上部に要約がまとめられています。それらを備忘のために書き出しておきま…

(読書)臆病者のための株入門/橘玲

「黄金の羽根の拾い方」というベストセラーにして良書の著者、橘玲が株式入門に絞って書いた新書。以前から良書という噂だったので読んでみました。 株式で利益を上げやすい3つの投資法 著者によると株式市場において、利益を上げやすい投資法は以下の3つ。 …

(読書)知的幸福の技術/橘玲

『黄金の羽根の拾い方』など独特のマネー本を出している橘玲。たまたま時間があったので、軽く読むつもりで購入しました。 非常に読みやすいマネーエッセイですが、奥が深い。彼自身の新自由主義者的な考え方に基づいた人生設計のエッセイでもあったりする。…