お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

ふるさと納税で、山梨県富士吉田市から『コーヒー 豆 1kg (200gx5袋)』が届きました!

基本は紅茶党なのですが、最近はコーヒーも飲むようになってきました。ということで今回、ふるさと納税で初めてコーヒー豆の返礼品を申し込んでみました。

こちらが届いた『コーヒー豆 1kg』!

f:id:mailto1979:20210115091247j:image
春木屋というコーヒーショップの豆になります。

焙煎後1週間経過した弊社コーヒーのディスカウントセット
◆マイルドブレンドタイプ
◆使用しているコーヒーは世界トップクラスのスペシャルティコーヒーのみ
◆富士山の湧き水で洗い磨き、加熱水蒸気を利用して自家焙煎

10,000円の寄付で1㎏の豆が届きました。コーヒーの淹れ方の手順書なども封入されていました。ひとつ届いて知ったのですが、我が家にはミルがない!完璧に挽いた後の粉コーヒーだと思っていました…。

ミルを買わないといけません……。

調べると3,000~4,000円ぐらいからあるようです。自宅勤務も多くなりそうなので、ありがたく飲ませていただこうと思います。

 


 

ちなみに、富士吉田市ふるさと納税では、富士急ハイランドのチケットも用意されています。行かれる方はこちらもおススメです。

 


 

 

富士吉田市ってどんなところ?

富士山の北側、富士五湖の中東部に位置に位置する人口5万人のまち。富士山麓ということもあり、ゆるやかな坂の町だったはずです。

僕も数年前に行ったことがあります。

お目当ては、やはり富士急ハイランド!観光業が盛んなほか、吉田うどんなども有名ですね。あと外国人に紹介する写真でよく使われる、寺院と富士山の構図がある「新倉山浅間公園」とかも富士吉田市にあります。

あと個人的には何といっても、フジファブリック 志村さんの出身地であるということ。夕方5時のチャイムが期間限定で「若者のすべて」になっていたということです。またお墓もあり、参拝させていただきました。コーラーがいっぱい並んでいました。


富士吉田の夕焼けチャイム / フジファブリック「若者のすべて」

 

ふるさと納税で、沖縄県浦添市から『BLUE SEAL アイスクリーム12個』が届きました!

年末のふるさと納税ラッシュで寄付をした先から、返礼品が届き続けています。冷凍庫がパンパンです。

今回も冷凍庫食品、アイスクリームが届きました。

こちらが浦添市からの『BLUE SEALアイスリーム』!

f:id:mailto1979:20210113210407j:image

沖縄のアイスクリームといえば「BLUE SEAL」です。実は数年前、藤枝市からの返礼品でいただいたことがあります(なぜか藤枝市で出ていたのですが、無くなっていました…)

aboutmoney.hateblo.jp

浦添市が本場ですもんね。

17,000円の寄付で、アイスクリームが24個届きました。立派な発砲スチロールに入っていました!

食後にありがたくいただこうと思います。

ちなみに浦添市のBLUE SEAL返礼品は、金額別で用意されていまして、12,000円で18個、17,000円で24個、24,000円で36個となっています。

当然金額が多いほど還元率があがりますね。

 

【ふるさと納税】ブルーシール詰合せギフト18個入(16種類)

【ふるさと納税】ブルーシール詰合せギフト24個入(12種類)

【ふるさと納税】ブルーシール詰合せギフト36個入(16種類)

 


 

 

沖縄県浦添市ってどんなところ?

その昔、琉球の首都だった浦添市。全国的にも高い出生率で、那覇市と隣接するため人口増加が著しいということです。人口は11万人。

産業も盛んなようで、ブルーシールアイスクリーム、沖縄コカ・コーラボトリング琉球セメント、琉球ダイハツ、沖縄トヨタ自動車琉球日産自動車FM沖縄などが浦添市に本社を置くということです。結構、那覇ではないのですね。

 

沖縄っていいですよね。移住したいです。特に冬!
  

野立て太陽光発電設置2基目~公庫から返済明細が届きました

野立て太陽光発電2基目は、公庫での融資となりました。融資実行は終わっており、1000万円 15年 1.59%での融資となっています。 

青色申告で2年以上実績があれば、1%切りでの融資もあるようですが…)

融資実行後、返済明細が届きました。

f:id:mailto1979:20210113120909j:image

融資実行後5カ月は、利息のみに支払いになります。この間に頭金が作れますね。

返済明細をよく見てみましょう。

元金の支払いが始まる月についてみると、支払金額 64,719円中、利息は13,250円となります。利息割合は20.4%。

一方、1基目の信販では、支払金額104,070円中、利息は28,666円でした。利息割合は27.5%となります。この差が利息 2.15%と1.59%の金利差ということですね。

ちなみに0.799% 35年で借りた住宅ローンの利息割合は24.3%でした(実際はキャッシュバックがあり12.2%)。そうしてみると公庫の元金の減り方は住宅ローン以上ということになります。

 

aboutmoney.hateblo.jp

太陽光 信販ローン 繰り上げ返済をやってみた!その効果は?

昨年より実施している野立て太陽光発電事業。ほぼ1年が経過しました。

今年も新規で購入の意欲はあるのですが、分譲太陽光でもなかなか良い物件がないので、利回り改善を図るため、繰り上げ返済を実施しました。

信販会社に連絡

僕の場合は、1基目が信販、2基目が公庫から融資を受けています。利率は、信販が2.15%、公庫が1.59%となっています。

当然、信販会社から繰り上げ返済になります。

 

方法は、カスタマーセンターに電話をするだけ。金額を伝え、期間短縮か金額短縮かを選びます。

僕の場合は、とりあえず500万円を期間短縮で返済としました。

「では1月のお引き落としに加えますね。2月以降の返済予定表は改めてお送りします」ということで、設定完了。

こんなに簡単なの!?

繰り上げ返済の効果は?

今回、500万円の繰り上げ返済の設定をしましたが、この効果は下記のようになります。

<繰り上げ返済前>

支払利息合計 ¥2,424,178

支払い終了 2034年1月

 

<繰り上げ返済後>

支払利息合計 ¥1,163,840

支払い終了 2029年1月

 

利息削減効果 ¥1,260,338

支払い回数の短縮 60回

 

※ローンアプリより算出

 

なんと利息が半分程度まで圧縮できました。また支払い期間も5年間早く終えることになります。

FIT太陽光発電の黄金期はローン終了後になりますので、それが早く来ることはありがたいです。その頃になるとパワコンが壊れたりもしますし。

繰り上げ返済の基本は、できるだけ早くに金額を大きくです。

消費税還付がきっちりでれば、今年は上期にもう1回、繰り上げ返済をかけたいと思っています(あくまでも物件が出てこなければですが)。

 

野立て太陽光2基目~防草シート設置工事

12月中旬に連系をした野立て太陽光2基目。

天気が12月後半から悪いためか、ちょっと低い土地のためか思ったよりも発電しておらず、やきもきしています。

 

さてこの物件、防草シートについては別途手配をしました。パネル下への敷設はせずにパネルの間のみの敷設として金額は33万円。工事期間は2日間で、年末に工事完了の連絡がありました。

年をまたぎましたがこの敷設完了の具合を見てきました。

f:id:mailto1979:20210108222733j:image

全体的には発注通りなのですが、1点シートとシートのかぶせの部分に防草テープが張られていなかったことは残念でした。個人で追加でやろうかなぁと思います。

あとパネルの下もすでにタンポポなどは芽吹いており、結果草刈りは必要になるのだろうなぁと感じました。

このパネルの下をグランドカバー化できればいいのですが、草刈りと合わせて実験してみたいと思います。

3月頭ぐらいから作業でしょうか。

野立て太陽光発電2基目~支払いを完了/償却資産を提出

先月無事引き渡し完了をした野立て太陽光2基目。

年末に公庫からの融資もおり、なんとギリギリ12月30日に融資実行となりました。分譲会社は1月4日の支払いでOKということでしたが、12月30日に支払いを終えました。

また別注の防草シートの費用も同じく12月30日に支払いを終えました。

 

これ年をまたぐと、この2基目の消費税還付までの期間が1年のびるのではないかとの心配からだったのですが、この判断は正しかったのでしょうか。わかる方教えてください。

 

そして設置自治体に償却資産の申請書を見様見真似で記入し提出をしました。

償却資産と繰延資産の違いは?構造物?連系費は繰延資産?など、調べなら記入していきました。あっているのか怪しいですが、窓口では特にお咎めなく受け付けてくれました。確定申告書類と照らし合わせて間違いがあったら連絡がくるのでしょう。

償却資産税が届くのは夏前でしょうか。税金痛いですねー。

 

aboutmoney.hateblo.jp

ジンズの株主優待を使って、福袋を購入しました!

少し前に株主優待が届いたジンズ。わかりやすいプライスと新しいジャンルのメガネを開発し、全国に店舗を構えています。

このジンズの株主優待を使って、福袋を購入しました。

ジンズの株主優待は、5,000円分の株主優待チケットになります。以前はこのまま利用していたのですが、ネットで福袋も購入できるという記事を見まして、今年は福袋購入資金にあてました。

JINSの福袋は?

JINSの福袋は、6,600円で8,800円分のチケットが入っています。一部は加えて4,400円分の追加チケットも入っているということです。

必ず得をする福袋になります。

 

www.jins.com

 

株主優待もこの購入費に充てることができましたので、1,600円の追加支払いをすれば、8,800円分のチケットを購入することができます。

福袋は予約制。それを店舗で引き換えます。

f:id:mailto1979:20210106083907j:image

こちらが引き換えた福袋になります。僕は8,800円分のチケットになります。

ひとつ気を付けないといけないのが、利用期間が定められている点。2021年1月12日(火)〜2月28日(日)迄となっていますので、これは注意が必要です。おそらく使われないチケットもあるのでしょうね。

 

ここ最近、JINSのメガネの価格帯は、5,000円が少なくなり8,000円や一部12,000円が主流となっています。またブルーライトカットレンズなど特殊レンズの場合は3,000円~5,000円の追加料金がかかってきます。結果トータルで10,000円越えとなっています(それでも数十年前の値段に比べると安いです)。ちょうど今のメガネも2~3年使っており変えてみたいと思っていたので、ありがたく福袋を使わせてもらいます。

 

ちなみに福袋引き換えとともに、今のメガネのノーズパットの交換をお願いしたところ、無料でやってもらえました。汚くなっていたので、ありがたかったです。