お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

ウエルシアホールディングスから株主優待と2020年度業績報告書が届きました!

f:id:mailto1979:20210717200736j:image

ウエルシアホールディングスから先日申し込んだ株主優待のTポイントが付与されました。

ウエルシアホールディングスの株主優待制度は?

そんなウエルシアホールディングスの株主優待制度は、下記のようになっています。

株主優待券(お買物券)

100株以上 3,000円分
500株以上 5,000円分
1,000株以上 10,000円分(5,000円分×2冊)
※グループ会社各店舗のお買物にご利用可。
※希望により、優待券の代替品との交換が可能。以下の商品の中から選択。

1.新米(新潟産 こしひかり)
2.カタログギフト
3.Tポイント

100株以上 1.5Kg  2.3,000円相当  3.3,000ポイント
500株以上 1.10Kg  2.5,000円相当  3.5,000ポイント

 今年は100株ということで3,000ポイントのTポイントをセレクトしました。こちらがやっと、無事先日付与されました。

 

ウエルシアホールディングスの業績は?

続いて報告書から業績をみていきましょう。

 

営業収益    7791億→8682億→9496億(+9.4%)

経常利益    315億→403億→458億(+13.7%)

当期純利益      174億→228億→279億(+22.8%)

 

コロナ禍でも絶好調のドラッグストア業界。先期は4社がグループ入りとなり2,207店舗と拡大しています。 

来期はなんと売上1兆円予想となっています。

 

aboutmoney.hateblo.jp

NTT都市開発リート投資法人から分配金と資産運用報告が届きました(2021年4月期)

f:id:mailto1979:20210716212521j:image

以前はプレミア投資法人という名前だったのですが、NTTの完全子会社となったことから名前が変更となりました。

分配金は?

今期の分配金は、1口あたり4024円。10口保有していますので税引き前で40,240円となりました。前期が2872円でしたので、かなり増配となっています。

これは物件売却益があったためで今季限りとなります。ちなみに次期は3,130円の配当予想となっています。


運用報告書から

続いて運用報告書から業績をみていきます。

営業収益      92億4900万→94億7000万→114億6800万
営業利益      41億7500万→42億4800万→57億1000万
当期純利益     37億8200万→38億5200万→52億9900万
一口あたり分配金  2872→2923→4024
LTV         44.6%→45.3%→47.7%

 

今期は品川シーズンテラスの持ち分を取得する一方、2物件(1つは今期)を売却しています。

報告書を見ていて気になったのは、月次稼働率のグラフ。3月末は97.0%だったのですが、4月には94.3%に大きく下落。レジデンスは好調なものの、オフィスの退去が多かったようです。

リモートが続けば高いオフィスの需要は減りますもんね。

 

aboutmoney.hateblo.jp

アークスから株主優待として、VJAギフトカード2,000円分が届きました!

f:id:mailto1979:20210716202738j:image

恒例のアークスから株主優待のVJAギフトカードが届きました。

アークスの株主優待制度は?

アークスの株主優待制度は下記のようになっています。

下記の①~③のいずれかを選択、④は贈呈

①アークスグループ商品券または全国共通ギフトカード
青森県産りんご
③アップルジュース(250g×30本)
④カタログギフト

100株以上  ①2,000円   ②3kg    ③1箱   ④―
500株以上  ①3,000円   ②5kg    ③2箱   ④―
1,000株以上 ①4,000円   ②5kg    ③2箱   ④約3,000円相当
5,000株以上 ①5,000円   ②10kg   ③2箱   ④約3,500円相当

昨年は1000株でしたが、今年は100株のクロス取引をし、VJAギフトカード2000円分が届きました。ありがたく使わせていただきます。

アークスの業績は?

ついでに先に送られて生きた業績報告書から昨年度の業績を見てみましょう。

 

売上高 5192億円→5569億円(+7.2%)

営業利益 121億円→177億円(+46.2%)

経常利益 137億円→195億円(+42.3%)

当期純利益 68億円→129億円(+89.7%)

 

大幅な増収増益決算となりました。コロナ禍の巣ごもり需要で業績好調になっています。

 

aboutmoney.hateblo.jp

KDDIの株主アンケートに当選!キッザニアの親子ペア券が送られてきました!

すっかり高配当&優待銘柄としてお気に入りのKDDI。そんなKDDIの株主通信に載っていた、株主アンケートのお礼のプレゼントに当選しました!

こちらが届いたキッザニアの親子ペアチケット!

f:id:mailto1979:20210710170900j:image

おそらく昨年冬に送られてきた株主通信のアンケートプレゼントだったと思われます。50組100名へのプレゼントだったようです。

数年前に一度、息子と訪れたのですが、すっかりご無沙汰になっていました。帰省のついでに行ってきたいと思います。

休日午前の場合、大人が2500円、小学生が5500円となり、親子ペアで8,000円相当!
これはうれしいです。

ただ兄弟分を考えると追加出費になるのですが、楽しんできたいと思います。

 

aboutmoney.hateblo.jp

aboutmoney.hateblo.jp

JAから組合出資に伴う配当金のお知らせが届きました!(2020年度分)

f:id:mailto1979:20210704123420j:image

我が家では、預金連動型住宅ローンを組みたく、利用しているのがJAバンクです。

そのJAバンクで住宅ローンを組むにあたり必要なことの一つが、JAの準組合員になるということです。これは農家でなくても組合にお金を出資するとなることができます。

契約時の担当者に言われるままに1000円を出して組合員になっています。

 

組合員になるメリットとしては、金利優遇(といっても大したことはない)やポイント制度(住宅ローンの残高に応じて自動的にたまっている)などがあります。

実はもうひとつ、組合が利益を上げた場合は出資金割合に応じて配当がでます。昨年に続き、今年も出資配当金がでました。

配当利率は3%。

実は昨年までは5%だったのですが、ついに減配です。低金利が続きさすがに高配当を続けれなくなったということでしょうか。

ちなみに各地のJAでは大体2%程度の配当を出しているようですので、まだマシとも言えますが。

aboutmoney.hateblo.jp

本ブログ初登場!ユニプレスから株主優待の案内と2020年度業績報告書が届きました!

f:id:mailto1979:20210704093335j:image

3月決算銘柄の優待到着記事です。

今回は、本ブログ初登場のユニプレスになります。

ユニプレスの株主優待制度は?

ユニプレスの株主優待制度は下記のようになっています。

保有株式数、保有期間に応じた株主優待ポイントを贈呈
株主優待ポイントはオリジナルカタログの中からお好きな商品と交換。

100株以上 1年未満:1,000ポイント 1年以上:2,000ポイント 3年以上:3,000ポイント
1,000株以上 1年未満:2,000ポイント 1年以上:3,000ポイント 3年以上:4,000ポイント
3,000株以上 1年未満:3,000ポイント 1年以上:4,000ポイント 3年以上:5,000ポイント

 100株でしたので、1,000ポイントが付与されました。カタログを見ると1,000円分の区カードをはじめ、お菓子やそうめんなどが並んでいます。

今年度から500ポイントで500円分のデジタルギフトもラインナップに追加されたということです。サーティーワンミスド吉野家、図書カード、日比谷花壇、タリーズサンマルクカフェのイーギフトが届くということです。

クオカードはかなりたまっているので、これもありかもしれません。選ぶとしたら先日優待を取得したサンマルクカフェかなぁ。

ユニプレスの業績は?

続いて業績を見てみましょう。

 

売上高 2345億円(▲20.7%)

営業利益 ▲113億円(赤字転落)

経常利益 ▲91億円(赤字転落)

当期純利益 ▲176億円(赤字転落)

 

ユニプレスは、自動車向けプレスメーカーです。日産に多く納めているそうです。

コロナウイルスにより減産調整が響いて、大幅は減収、赤字決算となっています。あまりにひどいと優待改悪などもあり得ますね。

保有をした途端の株主優待改悪…ヤマダホールディングスから株主優待と配当金、業績報告書が届きました。

f:id:mailto1979:20210702145425j:image

昨年秋から保有をし始めたヤマダホールディングス。100株5万円程度でしたので、お遊び的に保有し、長期認定を狙っていました。

aboutmoney.hateblo.jp

しかし保有をし始めて半年、なんと株主優待制度が改悪となってしまいました。

ヤマダホールディングスの株主優待制度は?

こちらが株主優待制度です。

優待券(500円)を進呈
100株以上 <3月末>1枚<9月末>2枚
500株以上 <3月末>4枚<9月末>6枚
1,000株以上 <3月末>10枚<9月末>10枚
10,000株以上 <3月末>50枚<9月末>50枚

 長期認定もなくなり、優待券の枚数も半分になりました。優待利回りは2.8%程度となりますが、ヤマダホールディングスの優待券は、1000円につき500円券が1枚利用できるというもの。

非常に使いにくい!

優待族も離れていき、株価は2割ほど下がっており、僕も含み損を抱えています。まぁ大した額ではないのですが。

ヤマダホールディングスの配当は?

では配当はというと、期末配当は18円となりました。昨年は10円だったので、大幅な増配になります。配当利回りは1.9%程度。うーん、まぁこんなもんかなぁ。

ヤマダホールディングスの業績は?

業績についても見ていきましょう。

 

売上高 1兆6115億円→1兆7525億円(+8.7%)

営業利益 383億円→920億円(+140.2%)

経常利益 460億円→988億円(+114.6%)

当期純利益 246億円→517億円(+110.5%)

 

どこの家電量販店もですが、コロナ禍でまさかの増収増益決算をたたき出しています。利益率も高くなっています。

ヤマダ電機というと大塚家具の子会社化が有名ですが、それもこうした好調な決算を背景にしているのでしょうね。そして、家電から住宅関連の投資を増やしています。また保険や金融にも手を伸ばしており、タカラレーベンとJ-REATやインフラファンドを立ち上げていますね。