お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

(読書)0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円~個人でできる「事業買収」入門~ /奥村 聡

 少し前に読んだ、「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい/三戸政和」に続いて、事業買収の本を読みました。

こちらは、もう少し実務的な話が多かった印象です。ただまぁ甘くはないなぁという印象です。起業で一からルートや人脈、技術を築くよりも買った方が早いのはわかる。ただ先代がいることで、そことの交渉になるのも事実。相手も理解ある人であればいいのですが、そうでないパターンもある。

どちらが良かったかは両方を経験した人にしかわからないし、再現性は低い。

となると、本書にあった「楽しむ」ことができる商売をするのが一番いいし、それができないなら商いはやらない方がいいのではと思ってしまいます。

 

個人的には、一回は商いをやってみたいところではありますが…。あっ、発電業をやり始めているか…。実感少ないけど。