お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

共立メンテナンスから株主優待と中間報告が届きました!(2020年9月期)

f:id:mailto1979:20201208130325j:image

お気に入りの株主優待がある共立メンテナンス。コロナ禍で業績低迷が心配されています。

こちらドーミーインというビジネスホテルチェーンを展開している会社になります。

共立メンテナンス株主優待制度はこちら

共立メンテナンス株主優待制度は下記のようになっています。

◎グループ会社運営施設の割引券(1枚 1,000円相当)(×年2回)
 ・100株 … 1,000円相当(1枚)
 ・200株 … 3,000円相当(3枚)
 ・500株 … 8,000円相当(8枚)
 ・1,000株 … 10,000円相当(10枚)
 ・2,000株 … 25,000円相当(25枚)
 ・5,000株 … 35,000円相当(35枚)
 ・10,000株 … 60,000円相当(60枚)


◎リゾートホテル優待券(×年2回)
 ・100株 … 2枚
 ・500株 … 3枚
 ・1,000株 … 4枚
 ・2,000株 … 10枚


【継続保有期間3年以上:3月期のみ】
◎グループ会社運営施設の割引券(1枚 1,000円相当)
 ・200株 … 1,000円相当(1枚)
 ・500株 … 3,000円相当(3枚)
 ・1,000株 … 4,000円相当(4枚)
 ・2,000株 … 10,000円相当(10枚)
 ・5,000株 … 14,000円相当(14枚)
 ・10,000株 … 24,000円相当(24枚)

※1:割引券の使用可能な施設

→ ビジネス・リゾートホテル、学生寮、社員寮、シニア向け住宅、研修センター、スパ施設等

※2:リゾートホテル優待券

→ 株主様リゾートホテル(ラビスタ・ドーミー倶楽部を含む)を割引価格でご利用できます。

→ 割引率:平日(及び一部特定期間)→約30%、休前日・特日等→約10%

 

おそらく多くの人のお目当てがビジネスホテルとしての割引でしょうが、20%引きとかの割引券ではなく、金券というところがうれしいです。僕の場合は500株なので8000円分の優待割引券が届きました。

ちなみに昨年と同様に「おせち料理」の案内も入っていました。この商魂逞しいところがいいですね。

中間報告から業績は?

つづいて中間報告書から業績をみてみたいと思います。

 

売上高 792億0400万円→938億1500万円→562億5000万円(▲40.0%)

営業利益 80億4400万円→90億6600万円→▲44億8600万円(赤字転落)

経常利益 78億3900万円→89億7200万円→▲44憶8600万円(赤字転落)

当期純利益 53億1900万円→61億1400万円→▲78億5600万円(赤字転落)

 

前期まで大幅な増収増益で、過去最高益を記録していたのが一転、コロナ禍で大幅な赤字転落です。ただ報告書による第二四半期は改善してきているということです。

共立メンテナンスは、寮事業、ホテル事業、総合ビルマネジメント事業、フーズ事業、ディベロップメント事業、その他事業という事業構成になっています。それぞれの部門別の売上高も載っていたので、記しておきます。

 

寮事業 242億8300万円→251億7700万円→237億5700万円(▲6.8%)

ホテル事業 390億4300万円→426億3200万円→184億1600万円(▲56.8%)

総合ビルマネジメント事業 74億4000万円→80億7400万円→73億2100万円(▲9.3%)

フーズ事業 24億2000万円→36億7300万円→22億4600万円(▲38.9%)

ディベロップメント事業 97億3200万円→117億2300万円→77億9300万円(▲33.5%)

その他事業 62億3200万円→68億4400万円→76億7700万円(+12.2%)

 

コロナ禍でホテル事業が大幅減なのはわかるのですが、意外ともう一つの主力事業である寮事業の落ち込みが少ない印象です。

 

aboutmoney.hateblo.jp

aboutmoney.hateblo.jp