お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

東急レクリエーションから中間株主通信が届きました。中間配当は無配へ…(2020.6月期)

f:id:mailto1979:20200927121350j:image

優待目的で保有している東急レクリエーションより中間配当と株主通信が届きました。こちらの企業、12月決算ということで、1〜6月の半期の報告となります。

業績から

株主通信から第二四半期の業績をみてみたいと思います。

 

売上高  162億8900万円→87億1400万円(▲46.5%)

営業利益 9億4600万円→▲9億1700万円(赤字転落)

経常利益 9億0900万円→▲9億6900万円(赤字転落)

四半期純利益 5億8900万円→▲10億6300万円(赤字転落)

 

映画館とは設置産業なので、ヒット作が出ると利益が一気にでますね。昨年はこの良いパターンでした。一方、開館できることすらできなかった今年は、賃料や人件費は垂れ流しとなります。そうすると……、大きな赤字になってしまいます。

 

各部門別で見てみましょう。

映像事業

売上 101億4500万円→36億2800万円
営業利益 9億8400万円→▲7億6900万円

ライフ・デザイン事業

売上 20億5200万円→9億5700万円
営業利益 4400万円→▲1億9200万円

不動産事業

売上 33億7100万円→33億9900万円
営業利益 6億3700万円→7億1200万円

 

 

コロナ禍において目を見張るのが不動産事業の安定性です。売上比率では40%近くまでになっています(ほかがボロボロですので、相対的に大きくなります)。結果としてはセーフティネットになっているポートフォリオでした。

 

中間配当金は無配へ

毎年中間配当は安定の1株15円でした。ただ今回は無配転落です。まぁそうですよね。

 

お目当の株主優待は11月1日〜

東急レクリエーション株主優待は下記のようになります。

①株主本人カード
②株主ファミリーカード
③6ヵ月の付与ポイント数
④月間利用可能ポイント数

200株以上 ①1枚 ② ―  ③18ポイント ④8ポイント
400株以上 ①1枚 ② ―  ③24ポイント ④10ポイント
600株以上 ①1枚 ②1枚 ③30ポイント ④12ポイント
1,000株以上 ①1枚 ②1枚 ③36ポイント ④14ポイント
2,000株以上 ①1枚 ②2枚 ③42ポイント ④16ポイント
6,000株以上 ①1枚 ②3枚 ③48ポイント ④18ポイント
10,000株以上 ①1枚 ②3枚 ③54ポイント ④20ポイント
20,000株以上 ①1枚 ②3枚 ③60ポイント ④22ポイント

〔対象事業所・利用ポイント一覧〕
・2ポイント1名通用:109シネマズチェーン
・1ポイントで2ゲーム通用:ボウリング2センター
※オールナイト上映」「先行上映」などの特別興行はご利用いただけません。
※「3D」「4DX」「IMAX(R)」の上映につきましては、追加料金にてご鑑賞いただけます。
  詳細につきましては、ホームページをご覧下さい。
※公開初日から最初に到来する日曜日(祝日が連続する場合はその祝日)までは、ご利用いただけません。

 

200株保有ですので、半年で18ポイント(6本分)のポイントが付与されます。ただ月間使用ポイント上限があり、8ポイント(4本分)までしか使えませんので、駆け込みでいっぱい使おうと思ってもできません。

実は今年は株主優待権利行使で4ポイントの付与もありました。しかし映画が公開されていない!いくらポイントもらっても観たい映画がないとどうしようもありません。妻分も保有している我が家では、ドラえもんやしんちゃんなどファミリー映画でポイントを使って鑑賞していますが、それでも上期分は使いきれそうにありません……。

早く映画が普通に公開される世の中に戻ってほしいです。

 

aboutmoney.hateblo.jp

aboutmoney.hateblo.jp