お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

めげずに太陽光2基目に挑戦中。野立て太陽光発電設置2基目の融資面談の案内が来た。

4月に営農型の太陽光で公庫融資を受けようとしたものの玉砕……。しかし2基目の案件の目途ができたので、再び公庫融資を申し込んできました。

今回の案件は、賃貸物件。相談した窓口の方は、賃貸でも融資はできるということでした。なお新規起業融資では無担保の場合1,000万円まで。融資希望額は1150万円。(別に1000万円でも良かったのですが…)

では、1基目の土地を担保に入れるという形でどうですかと質問すると、それであれば大丈夫でしょうということでした。

創業計画書やメーカーの物件資料、登記簿謄本、20年間のシュミレーションシートなどを提出しました。

 

コロナ禍で結構待たされることを覚悟していましたが、提出から3週間で面談の日程が決まりました。そのときの持参する資料も提示されていました。

  • 預金通帳(3ヶ月分以上)
  • 借入金のある場合は、その支払い明細表など。
  • 担保予定の物件資料(登記簿謄本、固定資産税課税明細、売買契約書)
  • 固定資産税の領収書
  • 既設発電所の連携通知
  • 身分証明書

前回と違い、担保案件についての調査が多い印象です。前回は営農型ということでコテンパンだったからなぁ……。

 

ちなみにこの2基目の案件、アプラスではもう通っているのですが、なんせ利率が2.6%‼ 1基目を2.15%で通しているので高く感じてしまいます。今回こそ通りますように。

※販売会社とちゃんと打ち合わせをして臨みたいと思います。

 

aboutmoney.hateblo.jp