お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

再挑戦!野立て太陽光発電設置2基目の融資面談で公庫に行ってきた!!

seisakukoukoキャプチャ

先日、ブログでも記事にした野立て太陽光2基目の融資に伴う、公庫の面談に行ってきました。

4月に営農型で融資相談に行ったときにはコテンパンだったので、少し緊張気味で面談を迎えました。

aboutmoney.hateblo.jp

結論、感触良し!だが…

4月に一度相談に行っており、その資料も残っていたことから面談はスムーズに進みました。物件についても賃貸案件でしたが、特に気にされる部分はなかったようです。シュミレーションもまずまずしっかりでしたし。

一つ懸念に挙げられたのが融資額についてでした。こちらの希望額は1150万円です。

創業融資枠として無担保で貸せるのは1000万円まで。こちら経営力向上を使って、利率1.57%ぐらいではないかということでした。

もし1150万円で融資希望であれば、担保ありでお願いしますということでした。ここまでは想定どおり。なので僕が担保で太陽光1基目を担保でどうでしょうかと伝えると、太陽光発電設備ありの土地は、申請書を作る手間だそうでかなり嫌な顔をされました。

土地が分筆でそれも面倒だといわれました…。

(分筆を合筆するのは司法書士などを使うかですが、自分でもできるようです)

これは予想外の展開でした。

 

自宅であれば問題ないということですが、こちらは妻との共同名義になります…。家で一度話し合い、追って電話しますということになりました。

なお有担保の場合は、経営力向上を使うとなんと0.99%にまで下がるようです!この利率は魅力的です。

 

ちなみに自宅を担保に入れた場合でも、再融資はその担保の評価額が残っていれば、担保で使えるということです。

またついでなので、僕の属性だとどこまで借りれますかと聞いてみると、無担保で2,000万円ぐらいじゃないでしょうかということでした。また据え置き期間の設定も問題ないということです。

面談の雰囲気が良ければ、なんでも聞いてみるものですね。

家庭会議で自宅担保について相談してみると…

公庫で宿題にもらった担保について妻と夕食後に相談しました。妻は固いタイプなので借金・抵当などを大いに嫌います。

担保ありの場合の利率を伝えると、好感触。ただ20年でのキャッシュフローの差を聞かれシュミレーションをすると約35万円でした。このことを伝えると、はっきりと担保に出さないと……。

1年で15,000円のキャッシュの差であれば担保を出す価値無しと一蹴でした。

ということで追加で150万円の手出しになりそうです……。チクショー。

 

まぁあと1000万円ぐらいは枠がありそうなので3基目を探すとします。というか分譲ではロクな物件しか出ません。