お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

第一興商から株主優待券と中間報告書が届きました!(2020年9月期)

f:id:mailto1979:20201211093413j:image
9月の中間決算企業から優待とか報告書がどんどん届きます。今回は2年ぶりに第一興商から株主優待券と報告書が届きました。

第一興商株主優待制度は?

第一興商株主優待制度は下記のようになっています。

優待券(500円券)

100株以上 10枚
1,000株以上 25枚
・直営店舗、子会社のカラオケ・飲食店舗にて有効
・優待チケット全額との引き換えを条件に、CDチョイス(音楽ソフト子会社レーベル限定)に替えることが可能
 (100株以上CD交換1枚、1,000株以上CD交換2枚 )

 

今回は100株のクロス取引を実施しましたので、5,000円分の優待券が届きました。

第一興商の業績は?

続いて、中間報告書から業績を見てみましょう。

 

売上高 710億円→427億円(+1.1%)

営業利益 99億円→▲16億円(赤字転落)

経常利益 106億円→▲7億円(赤字転落)

当期純利益 66億円→▲38億円(赤字転落)

 

コロナ禍で大幅な減収、赤字転落決算となっています。BSを見てみると自己資本比率が60%にもなっています。意外と堅実経営なんですが1年前は70%だったことを思うと、結構吐き出していますね。

 

セグメント別の売上/利益も載っていましたので記載しておきます。

 

業務用カラオケ事業 241億円(50億円)

カラオケ・飲食店事業 111億円(▲58億円)

音楽ソフト事業 29億円(1億2000万円)

その他事業 44億円(2億3100万円)

 

業務用カラオケ事業って高利益事業なんですね。コロナ禍でも黒字を確保しています。2年前に赤字だった音楽ソフト事業が黒字になっていました。一方、コロナ禍でカラオケ・飲食店事業が大幅な赤字を計上しています。

これは仕方ないですよね。

 

aboutmoney.hateblo.jp