お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

エネクス・インフラ投資法人から分配金と報告書が届きました!(2019年11月期)

f:id:mailto1979:20200222161259j:image

先日のタカラレーベンとあわせて保有しているインフラファンド、エネクス・インフラ投資法人。初めての分配金が届きました。

ネクス・インフラ投資法人の分配金は?

今回のエネクス・インフラ投資法人の分配金は、1口あたり5,980円となりました。ただこれは利益超過分配金(200円)を含みます。利益分配金は3,250円となります。

5口保有していますので、29,900円の分配金となりました。年間に換算すると現在の株価(2020年2月)からすると6.0%となります。なお購入価格は88,854円でしたので、購入価格からの利回りは、6.7%となります。タカラレーベンとは違い、年1回の配当になります。高配当ですので、しばらく放置です。

次期予想分配金は、ほぼ同額の6000円となっています。

ネクス・インフラ投資法人の業績は?

続いて、業績を見てみましょう。

 

営業収益 12億5700万円

営業利益 4億2700万円

経常利益 3億1500万円

当期純利益 3億0800万円

総資産額 200億9600万円

純資産額 84億2000万円

1口あたりの純資産額 91,697円

 

16資産となり、全体的にみて保有しているもう一つのインフラファンドである、タカラレーベンよりも一回り小ぶりなファンドとなっています。

インフラファンドは、高利回りがありがたいです。