お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

ふるさと納税で、茨城県水戸市から「べにはるか干し芋詰合せ」が届きました!

続けてふるさと納税の話題。今回は和菓子ネタです。妻が申し込んだもので、水戸市干し芋の返礼品になります。

茨城県水戸市の「べにはるか干し芋詰め合わせ」

こちらが届きました茨城県水戸市の「べにはるか干し芋詰め合わせ」になります。

f:id:mailto1979:20200625104944j:image

幸田商店という干し芋専門店のものになります。もっちりとしていて、甘すぎない味に仕上がっていました。

ちなみにべにはるかは、サツマイモの一種で、糖の含量、特に麦芽糖が多く上品な甘さの品種。鹿児島県、大分県、千葉県や茨城県などで生産されているということです。

ちなみに今回は12,000円の返礼品で1500g相当の詰め合わせ((べにはるか平切りほしいも150g×5袋、べにはるか丸干しほしいも150g×5袋))ということです。楽天ふるさと納税対応なので、ポイントバックもあります。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】べにはるか干し芋詰合せ
価格:12000円(税込、送料無料) (2020/6/25時点)

楽天で購入

 

茨城県水戸市ってどんなところ?

今回寄付をした水戸市茨城県の県庁所在地になります。人口は26万人で、水戸都市圏としては66万人ほどの人口となります。水戸徳川家所縁の地として、水戸黄門徳川光圀)や偕楽園が有名。あと納豆でしょうか。

出身有名人は、なんといっても徳川慶喜立花隆、梅宮辰夫、建築家の妹島和世、 片山晋呉小澤征爾森英恵なんかも出身ということです。

個人的には、一度ロッキンジャパンに行ったときに宿泊をした思い出があります。あと水戸芸術館が良い美術館らしく、一度行ってみたいです。