お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

ビックカメラから中間報告書と株主優待券が届きました!(2020年2月期)

f:id:mailto1979:20200521163550j:image

恒例のビックカメラから中間報告書と株主優待券が届きました。

ビックカメラ株主優待は?

ビックカメラの株価の底支えの要因である株主優待ビックカメラ株主優待制度は下記のようになっています。

【全株主様向け優待制度】

株主お買物優待券

<2月末日>
100株以上 2,000円 (1,000円券×2枚)
500株以上 3,000円 (1,000円券×3枚)
1,000株以上 5,000円 (1,000円券×5枚)
10.000株以上 25,000円 (1,000円券×25枚)

<8月末日>
100株以上 1,000円 (1,000円券×1枚)
500株以上 2,000円 (1,000円券×2枚)
1,000株以上 5,000円 (1,000円券×5枚)
10,000株以上 25,000円 (1,000円券×25枚)


【長期保有株主様向け優待制度】
<8月末日>
1年以上2年未満継続保有※1(100株以上) 株主お買物優待券1枚追加
(1,000円券×1枚)
2年以上継続保有※2(100株以上) 株主お買物優待券2枚追加
(1,000円券×2枚)

 

100株を長期保有していると年間5000円分の商品券がもらえることになります。現在(2020年5月)の株価からすると優待利回りは4.6%となっています。コロナ禍で株価が軟調で優待利回りはあがっています。ただ一時の底は打った状態です。

ちなみに今回も100株のクロス取引でしたので、2000円分の商品券が送られてきました。

ちなみに今回の報告書に、ラクウルの買取増格クーポンとビックカメラでのポイントアップクーポン(+3%)が添付されていました。

ビックカメラの優待の難点は、有効期間が半年であること。ちょっとしたデジタルグッズでも購入しようかと思います。

 

中間報告書から業績は?

つづいて中間報告書から業績を見てみましょう。

 

売上高 4150億→4418億→4365億(▲1.2%)

営業利益 133億→126億→76億(▲39.4%)

経常利益 144億→139億→90億(▲34.7%)

四半期純利益 87億→83億→48億(▲41.6%)

 

上期は消費増税の駆け込み需要があった反動と暖冬、コロナのため減収減益となりました。ちなみに今後はコロナの影響で減収減益決算予想となっています。

まぁ当然ですよね。インバウンドもありませんし。

それにともなって配当予想も未定となっています。

 

aboutmoney.hateblo.jp