お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

中電工より配当金と業績報告書が届きました!(2019年度)

f:id:mailto1979:20200719234621j:image

中国地方を中心に電気工事を請け負う中電工。期末配当と業績報告書が届きました!

中電工の配当は?

中電工の期末配当は、1株当たり52円となりました。100株保有ですので税引き前で5200円の配当となりました。なお中間配当も52円なので年間配当は104円ということです。これは前期と同じになります。昨年までは増配を続けてきましたがここで打ち止めになります。

2020年7月現在の株価からすると4.63%。購入価格からすると3.73%となります。含み損銘柄になります。

高利回りですが、配当性向はついに120%に達しているということ。一応来期も104円の配当予想となっていますが、大丈夫なんでしょうか。自己資本比率はやや下がって76%となってはいますが…。

中電工の業績は?

つづいて業績報告書から業績を見てみましょう。

 

売上高  1533億円→1688億円(+10.2%)

営業利益 64億円→83億円(+28.5%)

経常利益 89億円→111億円(+25.4%)

当期純利益 61億円→47億円(▲22.2%)

 

増収だったものの、M&Aののれんの減益損失や投資有価証券評価損の計上で純利益は減益となりました。ここ外債をかなり持っています(つまりはお金があまっているのだと思います)が、評価損がでているのでしょうね。中期経営計画では、2024年度には中国地域以外の割合を増やして売上2000億円、営業利益130億円を目標としています。