お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

野立て太陽光発電設置のための日記②~日本政策金融公庫に行ってみた。

「日本政策金融公庫」の画像検索結果

先日の野立て太陽光発電の下見に行きました。行った物件は保留にしたのですが、今後の勉強のために、日本政策金融公庫に行ってみました。

 

aboutmoney.hateblo.jp

一般的に、太陽光発電ではローンを組むにあたり、アプラスやイオンなどの信販会社がプランをだしています。金利は、2.15%~2.5%とまずまずの金利となっています

ただ1500万円を2.15%・15年返済で借入すると利息だけで258万円にもなります。

そこで登場するのが日本政策金融公庫という機関になります。こちらは国の貸付期間になりますが、ネットでみる限り1.5%ぐらいで借入させてくれるようです。上記と同じく、1500万円を1.5%・15年返済で借入すると利息は180万円となります。その差、78万円!

利率の差って大きいですね!

日本政策金融公庫に実際に足を踏み入れてみた!

入る時は緊張しましたが、すぐに窓口の方が対応してくれました。

太陽光発電で融資を考えている」と伝えると、書式をプリントアウトしてくれるとともに今後の流れを説明してくれました。記入例や必要書類も教えてくれました。

それによると提出後、1週間ほどで面談~融資実行までに1か月ほどかかることを伝えられました。

無担保だと1000万円まで、担保有りの場合はそれ以上の融資申請ができるということです。創業支援やエコ企業申請など、どの制度を使うかは、こちらで判断しますので、ということで気にせず書いてくださいということです。

 

意外と気さくに聞くことができて良かったです。会社員だとこういう機会がないので、すごく新鮮ですね。

実際、融資をお願いするかどうかは?

非常にフレンドリーに対応をしてくれた公庫ですが、話を聞いていて気になったことは、無担保だと1000万円までしか貸せないということ。不動産等の担保を入れればそれ以上の貸し出しも出せます。

ただ自宅を担保に入れることを妻に話してみましたが理解が得られず…。太陽光発電設備販売業者にアプラスとの併用を打診したものの、こちらも原則併用不可という返事でした。

現在候補の物件が1800万円ほどの物件が候補なのですが、自己資金を800万円入れて公庫で借りるか、アプラスで2.15%で借りるかが悩ましいところです。もともと400万円ぐらいは自己資金を入れるつもりでしたが、倍となると2機目の軍資金不足に陥ります…。

 

うーん、悩ましい。