お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

私立医学部に子供を入れると卒業までに5,000万かかることを聞いて考えた。

某私立大学の医学部に子供が入った場合、卒業までの6年間で5,000万円ほどかかるという話を耳にしました

5,000万円だと!ありえない!

多くの人は直感的にそう思うでしょう。僕も最初に聞いたときはそう感じました。
しかし、これを経済学的に考えてみるとありなのではないかと思ってしまいます。

医者の年収は勤務医でも1,000〜1,500万円程度。5,000万円というのは、実は5年で回収できる。
利回り20%!5年で回収なんていうのは、投資の世界では非常に良い案件になります。
もちろん医師になれない可能性もありますから確実とはいえません。

私立医学部に入れる学力と、5,000万円出せるのならばそういう選択肢もありかと思います。
ちなみに偏差値60ぐらいは必要ですので全くのバカでは話にはなりません…。

その5,000万円が出せないって。
だから医者は特別な存在で、あるわけです。みんなが出せるようになるとこの法則は使えなくなります。

医者のご子息に医者が多いのは、こうしたことを直感的にわかっているのでしょうね。