お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

就職活動を使っての企業訪問のススメ

就職協定の見直しで2016年卒の就職活動は、2015年3月からとなっています。もう2月も後半ということで、そろそろチラホラ、リクルートスーツ姿の就活生を見かけるようになっています。

今回は、就職活動を通しての企業研究のススメです。

新卒就活生の最大のメリットは、企業説明会へのハードルが低い!

日本は未だに新卒採用に力を入れている国です。その是非はともかく、中途に対して新卒の重みが高いのは事実です。
新卒であれば、それなりの規模の説明会を実施していたりします。もちろん超人気企業は、説明会の出席すらままならない企業もあると思います。しかし知名度が高い企業を除けば、説明会への出席は簡単にできます。
 
この企業説明会ですが、総務や人事の担当者が、我が社のことを大学生でもわかるように説明をしてくれます。どんな企業案内を読むより、理解できるはずです。
なんなら質問にも答えてくれることも多々あります。
 
通常、一般の投資家の場合、企業の中の人とコンタクトを取ることは、なかなかできません。大株主にでもならないと形式ばった株主総会でしか経営陣からの言葉を聞くことはできません。
それが新卒採用の場では、一般的には丁重に扱ってくれます。
 
折しも昨今は、アベノミクスで求人状況も売り手市場となっています。新卒はマクロ的にみれば引く手あまたとなっています。
 
もしこのブログを読んでる就活生がいれば、できるだけ多くの企業を訪問してみることをお勧めします。
 
世の中には名前も知らない会社がいっぱいあることに気付かされます。地味だけど、技術力がある会社なんかは、投資的にみても面白いですもんね。