お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

日本マクドナルドホールディングスから株主優待券と2019年度業績報告書が届きました!

f:id:mailto1979:20200402091446j:image

今年も株主優待が人気の日本マクドナルドホールディングスから優待券と2018年の業績報告書が届きました!

日本マクドナルドホールディングス株主優待制度は?

日本マクドナルドホールディングスの優待制度は下記のようになっています。

1冊にバーガー類、サイドメニュー、飲物、3種類の商品の無料引換券が1冊になったシート6枚


100~200株 1冊
300~400株 3冊
500株以上 5冊

 

高額バーガーを除き、基本的にすべてのメニューを優待券で引換できるということです。ヤフオクでは1冊あたり3300円程度で取引されています。僕の場合は500株でしたので、16,500円相当の優待がとどいたことになります。

 

日本マクドナルドホールディングスの業績は?

最近、好調が伝えられるマクドナルドですが、具体的な数字をみてみましょう。

 

全店売上高 5242億円→5490億円(+4.7%)

売上高  2722億円→2817億円(+3.5%)

営業利益 250億円→280億円(+11.9%)

経常利益 256億円→274億円(+7.2%)

当期純利益 219億円→168億円(▲23.0%)

 

今期は、9期ぶりに創業以来の最高の売上を達成。既存店売上が+4.5%と驚異的です。個人的にはUberEatsでのデリバリーが意外と利用され始めている気がします。実際、報告書にも成長の加速要素として、デジタルと未来型店舗体験とあわせてデリバリーが明記されています。

2020年度はコロナ問題もあり、未知数ですが、復活劇としてはあっぱれでしょう。

 

aboutmoney.hateblo.jp