お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

イオンから中間配当と2019年度中間報告書が届きました

f:id:mailto1979:20191027205809j:image

長期保有となっているイオンから中間配当と事業報告書が届きました。

中間配当金は?

今期の中間配当金は1株当たり18円。昨年より1円増配です。100株保有ですので1,800円となります。期末配当も18円を予定しているということで、このままいくと2019年度は通期で36円の配当となりました。現在の株価(2019年10月)から計算すると配当利回りは1.63%程度となります。

なお購入価格(981円)からすると3.87%となります。またキャッシュバックでも5.8%ほどのバックがあるので、9.6%程度の利回りとなっています。

お宝銘柄ですね。

つづいて中間報告書から

つづいて中間報告書から業績をみてみましょう。

 

営業収益 4兆2664億円→4兆2902億円(+0.6%)

営業利益 898億円→863億円(▲3.9%)

経常利益 908億円→797億円(▲12.2%)

当期純利益 105億円→37億円(▲64.1%)

 

今期は、子会社のイオンディライトの子会社のカジタクの不正会計処理があり、増収減益決算となりました。ただこの影響を除くと、営業収益は112.3%、経常利益は103.8%となり過去最高益となっています。というかどれだかの不正会計やねん。

セグメント別でみるとGMS事業は赤字のままと厳しいですが、スーパー事業も利益を出すようになっています。また相変わらず金融とディベロッパー事業、相変わらず好調で、国際事業も黒字となっています。

アジアシフトは記事にもなっていまして、こちらは期待です。

 

aboutmoney.hateblo.jp