お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

日本毛織から創立120周年記念 株主優待クオカードが届きました!

 f:id:mailto1979:20170823083749j:image

5月末に中間決算を迎えた日本毛織という会社から株主優待のクオカードが届きました。この会社、創立120周年を迎えるということで、今回はその記念としてクオカードが増額となっています。

日本毛織株主優待はこちら

日本毛織株主優待制度は下記のようになっています。

<11月末>
100株以上 QUOカード500円分


<5月末>
1株以上 株主優待カタログによる特別価格販売
100株以上 ①QUOカード500円分+700円分(*)
1,000株以上 ①+ 3,000円引優待券
5,000株以上 ①+ 5,000円引優待券
10,000株以上 ①+10,000円引優待券

株主優待カタログは衣料品、寝装品、食料品等。優待券は株主優待カタログもしくは直営のスポーツ施設や店舗で利用可
(*)2017年5月末のみ、創立120周年記念としてQUOカード700円分を追加贈呈

 

通常は500円のクオカードが年二回もらえるということで、これだけではあまり魅力がありません。ただ今回は1200円に増額されていましたので、クロス取引にて取得してみました。

ちなみに500円と700円のクオカード2枚が入っていました。700円のクオカードなんてできるんですね。

日本毛織の中間決算はどうだった?

あわせて中間決算の報告書も同封されていたので、状況を確認してみます。

 

売上高   519億円(+4.8%)

営業利益  40億8200万円(+3.7%)

当期純利益 26億6000万円(▲13.8%)

 

ちなみに年間の予想は、増収増益を予想しているということです。

日本毛織の事業セグメントとしては、衣料繊維事業、産業機材事業、人とみらい開発事業、生活流通事業と4つに分かれています。

衣料繊維事業は、従来から繊維事業になります。売上高は179億円で構成比は35%となります。利益は8億円ほど。

産業機材事業は、自動車向けの産業機械のようです。トヨタ自動車ももともとは織機からスタートですもんね。売上高は105億で構成比は20%。利益はこちらも8億円ほど。

人とみらい開発事業とは、携帯電話販売やビデオレンタル事業、商業施設運営(スポーツクラブやキッズ向け遊具施設、保育園など)ということです。不動産事業的なものでしょうか。正直なんで?と思いますが、売上高は171億円、構成比は33%。利益は27億円と他の分野を圧倒しています…。

生活流通事業は、寝具、家具、インテリア用品などの販売ということです。63億円の売り上げで構成比は12%。利益は4億円ということでした。

 

繊維事業よりも他が利益の主力とは、、、。まぁ仕方ないのでしょうけど。 

 

住宅を買うと、新しい家電が必要になるというお話し。エアコンと冷蔵庫を買いました。

f:id:mailto1979:20170818093615j:plain

先日、住宅の引き渡しを行いました。

 

引越はまだなのですが、住宅を買う(特に戸建て)を買うと様々なものが必要になったり、欲しくなります。

以前、カーテンを買ったという話を書きましたが、それに加えて様々なものが必要になってきます。

今回は、エアコンと冷蔵庫、照明器具を購入しました

必要に迫られるものが多くある中で優先順位をつけ、我が家ではまずエアコン、冷蔵庫、照明器具を購入しました。

まずは冷蔵庫について。

各サイトを調べると冷蔵庫は毎年秋に新モデルが出るので8月はまずまずの買い時となります。目を付けたのが東芝と日立。特に東芝の安さが目立ち、今後10年使うことを考えて、500ℓモデルのこちらを購入しました。

www.toshiba-lifestyle.co.jp

近所のヤマダ電機で、指名買いの値切りをして税別115,000円+ポイント10%。まずまずの値引きだったと思います。実際、価格comの相場よりも安く購入することができました。

 

つづいてエアコン。これが悩みました。

冷蔵庫と違って、エアコンは壁に穴を開ける取り付け工事が発生します。これがネットの会社だと嫌だというのが妻の意見。物自体は明らかにネットの方が安いのですが、妻には逆らえません…。リビング用と寝室用で2台購入になります。

こちらはビックカメラヤマダ電機で話を聞き、ダイキンと日立に絞ります。ダイキンヤマダ電機では取り扱いがないので、値引き交渉をするために日立をセレクト。

リビング用が23畳用となるとなかなかの値段…。妻が希望するのが最上位機種(RAS‐X71G2)となり、20万円台後半。寝室が8畳用でお掃除機能付き(RAS-W25G)となりこれが10万円ほど。

まずビッグカメラで値段を聞きます。つづいて、ヤマダ電機で説明を聞きつつ、値段を出してもらいます。どちらもほぼ同じでした。おそらくヤマダ電機でも値段交渉をすると下げてくれたのですが、担当者との相性があわない(というか話が長い、選択肢を多く出す…)。

ということでビッグカメラへもどり値段交渉をします。結果、ビッグカメラの2000円分の株主優待も使い、税込み35万2000円+ポイント8%となりました。

ネットだったらリビング用が20万円を切っており、もっと値引けただろうなぁと思うとちょっと残念。結局、店舗でかっても工事するのは地元工務店ですからね…。

kadenfan.hitachi.co.jp

結果、エアコンと冷蔵庫で50万円近くの買い物となってしまいました。

選択肢が多すぎる時の対処法

今回妻と話していたのが、家電の選択肢が多すぎるということ。

特にエアコン。メーカーだけで、ダイキンパナソニック、日立、三菱、東芝、シャープ、富士通と7社もある。それぞれが様々なラインナップを出している。何が違うのかよくわかりません。

これが混乱してしまう原因になります。また各量販店の押しモデルも違いますし…。

その場合、メーカーで限定するか、機能で限定するかです。機能となると正確には各社特徴があるので設定が難しいので、我が家の場合はメーカーで絞り込みました。

 

選択肢は3つまで。それ以上は処理能力を超えてしまいます。

住宅に付随する買い物って多い

住宅、特に賃貸マンションから戸建ての場合、様々なものが必要となってきます。

具体的に例を挙げてみましょう。

 

(必要なもの)

(欲しくなったもの)

  • 冷蔵庫
  • ダイニングテーブル&椅子
  • テレビボード

カーテンやエアコン、照明器具というものは部屋の数や大きさが変わったので、どうしても必要になってきます。我が家の場合、付随物だけで100万円程度はかかってきそうです。

政府の施策として住宅の取得を推進することが度々ありますが、それはこうした波及する効果が大きいからということがよくわかります。確かに経済効果あるわなぁ。なので、『夢のマイホーム』なんていって、持ち家信仰の刷り込みもするわけです。

家を買うのであれば、それをわかった上で購入がいいと思います。

 

住宅の引き渡しを行いました。人生で一番高い買い物をした感想は?

 

f:id:mailto1979:20170815083559j:plain

ブログのUPの順番が前後しますが、先日、住宅の購入引き渡しを行いました。人生で一番高い買い物といわれる住宅の購入。引き渡しとはどんなものだったか備忘を兼ねて記しておきます。

引き渡しは借入銀行で

「♪待ち合わせはローソンで…」というわけではありませんが、住宅の引き渡しはローンの借り入れ銀行の応接で行われます。僕の場合は、近所のJAになります(理由はこちら)。

銀行の担当者、ハウスメーカー担当者、司法書士が見守る中、言われた書類に記入&捺印をすすめます。数日前にJAを訪れ一通りの書類の説明やら記入を済ませていたにもかかわらず、かなりの量の書類になります。

住宅(特にローンについて)に関わる書類って本当に多いです。基準となる契約、各種特約、保証会社との契約、僕の場合は預金連動特約もあるので該当定期預金の開設など。事前に説明&捺印をすませておくことをお勧めします。また僕のように夫婦共同名義の場合は、書類も2倍になります。

司法書士の手数料や住宅仲介手数料などは現金で払いますので、出金伝票の記載もあります。

 

手数料の出金、ハウスメーカーへの振込を待つ間に、ハウスメーカーから鍵の受け渡しの説明が行われました。それでも手持無沙汰なので多少の世間話と微妙な間。

 

銀行からハウスメーカーへの入金が済むとそこで引き渡し完了となります。ここまで約1時間。そこで司法書士ハウスメーカー担当者が退席し、銀行担当者からローンの支払いについて説明をされます。いつから支払い開始なのか、繰り上げ返済の手数料についてなどです。

ここまでやってやっと終了となります。

人生最大の買い物をした実感は?

家は人生で一番高い買い物といわれますが、その感想は「あっけないもの」

それはハウスメーカーにしても銀行員にしてもそれは仕事の一環であり、あくまで事務的に進められていきます。彼らにとっては契約だけ取れればOKなのです。

それを思うと、「夢のマイホーム」なんていうものはまやかしであると思えてくるのです。

 

もう一つ、数千万円の買い物でしたが、これは投資の世界でふれている桁の金額だったとことで心の余裕がありました。

確かに100万円単位の取引しかしたことが無い中で、一発数千万円の不動産を買うとなると不安になります。やっぱり慣れって心の安定には大きいです。

 

不動産を購入するということは、家庭のバランスシートが大きく不動産寄りになってしまうことです。この不安定さが心の不安をもたらす原因の一つでもあります。

幸い我が家のバランスシートでは大きく不動産割合が増えるものの、ローンで首が回らなくなるというようなことはなさそうです。これは落ち着いて(ある意味冷めて)契約できた理由の一つでした。

 

家は人生で3回購入して初めて納得のものを買える、という格言があります。

 

それは不動産会社側と消費者側の情報に格差があまりにも大きいからでしょう。やはりどういうところに、落とし穴があるかは、実際に体験してみないとわかりません。

住宅ってあまりに決めなければならないことが多すぎて、頭がマヒしてしまします

いくらネットで情報を持っていても、こればっかりは仕方ありません。

 

百聞は一見にしかず。

 

もう一回購入するかはわかりませんが、いい経験にはなりました。

引越って大変…。相見積もりをとりました。

f:id:mailto1979:20170814193217p:plain

住宅を購入しましたが、引越が迫ります。ということで引越の相見積もりを取りました。使ったのはラジオCMでおなじみの”引越侍”。

hikkoshizamurai.jp

予想通り、入力後すぐに各社から電話がかかります。どこもかしこも我先にと予約をとりにきます。週末の1曜日に固めて5社のアポが入ります。

我が家は2DKで、子どもの荷物が多少ありますが、基本的には夫婦の荷物になります。引越し先も現在の住まいから100mほどとなります。また引越日も平日でもOKとしています。

結果、最安値が54,000円、最高値が120,000円ほどと大きな開きになりました。

最安値を出した会社は、荷物量を少なく見積もり3トントラック1台を想定、一方高い会社は、2トンと3トンの2台を想定しているということでした。

以前、引っ越した時が1台だったので、そこからおおきく荷物が増えているようにも思えず、1台でいけるだろうというのが僕の考え。ちなみにその時は4万円ほどでしたので、それが目安でした。

人件費もあがっていたり(それよりも成り手が少ないのが問題)していますので、今回は54,000円の会社にお願いすることにしました。

 

最後の会社さんと少し話をしたところ、どの会社も1社目を狙っているということ。つまり予算にあうのであれば面倒なので、1社目で決めてしまうお客さんが多いということです。

 久しぶりに引越をお願いしましたが、やっぱり面倒ですね…。ただ相見積もりって大事ですね…。

イオンモールから株主優待で3000円分のギフトカードが届きました!

先日のイオンディライトに続いて、イオンモールからも株主優待が届きました!こちらは3000円分のギフトカードとなります。昨年ももらいましたので2年連続になります。

イオンモール株主優待はこちら

イオンモール株主優待は、2月末の年一回になります。

(1) イオンギフトカード
(2) カタログギフト
(3) カーボンオフセットサービスの購入(※)
100株以上 3,000円相当 上記(1)~(3)より選択
500株以上 5,000円相当 上記(1)~(3)より選択
1,000株以上 10,000円相当 上記(1)~(3)より選拓

僕の場合は当然100株保有です。ギフトカードですので、マックスバリュのように1000円ごとの値引き券ではないので、使い勝手はよいです。

こちらが届いたギフトカード。

 f:id:mailto1979:20170806135836j:image

3000円分ということでこちらも1週間分の食材にもなりませんが、家計の足しにしたいと思います。

aboutmoney.hateblo.jp

ふるさと納税で、長野県豊丘村から『もも あかつき5kg』が届きました!

久しぶりのふるさと納税ネタです。夏の果物といえば『桃』!おいしいですよね。

ただ昨今の還元率自粛に伴い、お礼品の量が激減しています。今回はそんな中、ぎりぎりに申し込んだ返礼品になります。

こちらが長野県豊丘村の『もも あかつき』!

f:id:mailto1979:20170804090054j:image

今回の返礼品の桃はあかつきという品種になります。日本で一番メジャーな桃の品種です。大きさもよく、程よく硬く、さらに糖度が高いというトップクラスの品質ということです。

これが1万円で16玉も届きます!

 

ももってスーパーで買うとなかなかの値段になります。

 Amazonでは5キロで3500円ほど。

 

実はこれ昨年末のふるさと納税の返礼品でして、すでに受付終了になっています。また昨今の返礼品見直しを受けて、1万円で5kgというのは来年以降はないだろうなぁと思っています。

長野県豊丘村ってどんなところ?

今回寄付をした豊丘村は、飯田市の隣町になります。天竜川でできた河岸段丘があり、マツタケのほかに、リンゴ、桃、梨など果樹の栽培が盛んということです。中央道でこのあたりを通ると、恵那トンネルを抜けると視界が広がります。夏に通ると、これが日本の夏だよなぁと思ってしまうあたりですね。

人口は6500人ほど。出身の有名人をみると京浜急行の社長がいたり、GLIM SPANKYの松尾レミさんが出身ということです。

キャンプ場なんかもあり、夏に訪れたいなぁというところですね。

www.vill.nagano-toyooka.lg.jp

 

 

イオンディライトから株主優待で2000円分のギフトカードが届きました!(2017.7)

我が家で利用することの多い、イオン(というかマックスバリュ)。ということでイオン本体に加えて、子会社であるマックスバリュ各社の株主優待銘柄を保有しています。加えて今回はそんなイオンの子会社のひとつ、イオンディライトから株主優待としてギフトカード2000円分が届きました。

イオンディライト株主優待はこちら

イオングループであるイオンディライト株主優待の内容はこちら。

(1) 自社グループブランド商品など2,500円相当の詰合せ
(2) イオンギフトカード2,000円分

100株以上 1口
1,000株以上 2口
5,000株以上 3口
10,000株以上 4口

マックスバリュ各社のように1000円ごとに100円の値引き券ではなく、ギフトカードというのがポイントですね。僕の場合は当然、100株保有でしたので、2000円分のギフトカードとなります。

 f:id:mailto1979:20170726085707j:image

こちらが送られてきたカード。2000円ですので1回の買い物で使っておわり。少しは家計の足し程度になるかなぁ。

 

aboutmoney.hateblo.jp