お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

コメダホールディングスから株主総会招集通知と株主優待ギフトカードの案内が届きました!(2018年下期分)

f:id:mailto1979:20190521092515j:image

名古屋の喫茶店といえば、コメダ珈琲。最近は全国進出もしているチェーン店になります。そんなコメダ珈琲を運営するコメダホールディングスから2018年下期分の株主優待が届きました!

コメダホールディングス株主優待は?

コメダホールディングスの優待制度は下記のようになります。

2月末/8月末 100株以上
◆オリジナルプリペイドカード「KOMECA」1000円分(×年2回)
※「KOMECA」の有効期間は1年。

また今期も株主議決権の行使で500円分のチャージがあります。これは議決権の行使を促すいい企画です。結果としては年間2,500円の優待となります。

優待のKOMECAですが、株主番号が変わらない限り、同じカードにチャージされるということです。この同じカードへのチャージは、東急リラクゼーションやイオンのオーナーカードも同じシステムです。経費削減にもなり転売防止にもなります。ちなみに再発行手数料は500円ということです。

 

なお配当は年間で50円となります。2019年5月現在の株価(2050円)からすると配当利回りが2.4%。優待利回りが1.2%となります。あわせて3.6%ということで、イマイチ物足りません。

コメダホールディングスの業績は?

続いて、同封されていた事業報告書から業績をみてみたいと思います。

 

売上収益 259億8400万→303億3500万(+16.7%)

営業利益 72億0700万→75億6800万(+5.0%)

当期利益 49億0500万→51億1700万(+4.3%)

 

相変わらず見事な増収増益となっています。 もちろん積極的な新規出店のおかげでしょう。現在860店舗を構えています。国内の飲食チェーンの一つの目安が1000店ですのでそれまで安定的に増収増益となるかと思います。エリアとして東日本・西日本においてはまだまだ出店余地があります。喫茶店という業態なので、商圏はファミレスよりも狭いので、もう少し出店可能店舗数はもっと目指せます。

現在は拡大期で、利益も出ています。今後は原材料費の高騰や人件費問題が課題になってくるでしょう。それでも通常の飲食店よりも回転率が低めだったり、提供メニューが少なかったするのがメリットでしょうね。

 

aboutmoney.hateblo.jp

aboutmoney.hateblo.jp

イオン北海道から株主優待、株主総会招集通知と2018年度の事業報告書が届きました!

f:id:mailto1979:20190513231435j:image

優待目当てで保有しているイオン北海道から今年も株主総会招集通知、事業報告書、そして株主優待の割引券が届きました。もう4年も保有しているのですね。

他のイオン系スーパーであるマックスバリュ株主優待券は、総会後の後日発送なのですが、イオン北海道株主総会招集通知と同じタイミングで送られてきます。

イオン北海道株主優待制度は?

イオン北海道株主優待制度は下記のようになっています。

(1) 「株主優待券」の贈呈
100株以上 2,500円分 (100円券×25枚)
1,000株以上 5,000円分 (100円券×50枚)
2,000株以上 10,000円分 (100円券×100枚)
・ 1,000円お買い上げごとに100円券1枚がご利用いただけます。
・ ご利用可能店舗:全国18社が運営するイオン、マックスバリュスーパーセンター、メガマート、まいばすけっと、ザ・ビッグなどの直営店舗でご利用いただけます。


(2) イオンラウンジのご利用
500株以上 「ご利用カード」を発行
・ イオンラウンジとは、お買い物の合間にご休憩いただくために店内に設けたサービス施設で、全国のイオングループに開設しています。 但し、個人株主さまに限定し、ご利用いただけます。

 

僕の場合は、当然100株保有ですので、2500円分の優待券が送られてきました。

現在の株価(2019年5月)からいくと優待利回りは3.3%。購入価格(542円)からいくと4.6%の優待利回りになります。

イオン北海道の配当金は?

今期のイオン北海道の配当は1株につき12円となりました。昨年は通常配当12円に10周年の記念配当5円を加えての17円ということでしたので、通常の配当金にもどりました。

今期についていうと、100株保有ですので税引き前で1700円となりました。現在の株価からいくと配当利回りは1.5%、購入価格からいくと2.2%となりました。

ですので、優待+配当利回りは4.6%となります。購入価格からすると6.8%の利回りとなりお宝銘柄になりつつあります。

イオン北海道の業績は?

続いて報告書から業績を確認してみます。


営業収益    2031億→2053億→2042億(▲0.5%)
経常利益    82億5800万→85億9700万→81億4400万(▲5.2%)
当期純利益      41億8300万→64億8300万→39億7900万(▲38.6%)
総資産      985億→948億→1011億(+6.6%)
純資産      373億→427億→449億(+5.1%)
BPS       353.19→404.15→424.55

 

今期は減収減益決算となっています。昨年は北海道では地震もありました。

また今期の一番のニュースは、マックスバリュ北海道の吸収合併でしょう。イオングループでは、マックスバリュ中部マックスバリュ東海の合併など、再編の年になりました。本合併もそのイオングループの意向によるものでしょう。

ちなみにマックスバリュ北海道は、売上高 1290億円で営業利益 133億円、経常利益135億円と黒字計上の会社です。なんなら存続会社のイオン北海道よりも利益はでています。

引き続き保有して、配当&優待をいただきたいと思います。

 

aboutmoney.hateblo.jp

初体験!カブドットコム証券の公開買付の書類が届きました!

f:id:mailto1979:20190513090454j:image

クロス取引をするために口座を開設していたカブドットコム証券。株主優待制度もあり、保有額、保有期間に応じて、数%の取引手数料の優遇がありました。それもありカブドットコム証券株を400株保有していました。

そんながカブドットコム証券KDDIグループの傘下に入ります。それも公開買付を行い完全に子会社化するということです。

カブドットコム証券というと三菱グループのネット証券事業である一定の地位を築いていただけにびっくりニュースでした。よく考えるとネット大手3社に比べると今一歩サービスが良くないイメージだったので、いい買収提案だったのかもしれません。

 

株の取引きを初めて20年近くになりますが、人生初めて上場廃止を伴う公開買付を体験することになりました。今までも敵対的TOBなどの銘柄に巡り合うことはあったのですが、今回は友好的TOBということです。

 

カブドットコム証券の公開買付条件は?

カブドットコム証券の公開買付は、4月25日~6月13日の受付となっています。決済の開始日は6月20日となっています。なお公開買付は、大和証券またはカブドットコム証券でのみ可能ということです。

どの証券会社でも可能ということではないのですね。この2社以外で保有している場合は、市場に売却する人も多いのではないでしょうか。

僕の場合は、当然カブドットコム証券で保有しているので、特別な手間はあまりありません。

公開買付価格は、1株あたり559円となります。これは買収憶測情報が流れた1月24日の前日に対して46.3%のプレミアムがのっています。

ちなみに僕は1株あたり平均340円で購入していたので、60%以上の益(86,000円ほど)が出る予定です。

カブドットコム証券の今後は?

KDDIグループに入るカブドットコム証券ですが、今後はどうなるのでしょうか。

まずサービス名は、「auカブコム証券」になるそうです。auユーザーの顧客囲い込みに走ることになるでしょうが、もともとカブドットコム証券自体、まぁまぁ手数料高めなので、そんなにうまくいくのでしょうか。

気になる株主優待ですが、プレスリリースがでていました。

kabu.com

当社証券総合口座にお預けいただいている2019年4月25日時点の当社現物株式の保有株数及び保有期間に応じて(注)、本公開買付け及びその後のスクイーズ・アウト手続が完了するまでの一定の期間、当社における現物株式取引の委託手数料の割引を行います。
(注)同日時点の保有残高(受渡日ベース)に応じて判断いたします。

ということですので、4月末で保有している場合は、しばらくは優待が適用されるようです。まぁ半年ほどでしょうか。

主にクロス取引での利用のための口座なので、そこのサービスが充実してくれれば引き続き口座は活用しようと思います。

 

SBIベネフィットシステムズから確定拠出年金の運用報告書が届きました(2019年3月期)

f:id:mailto1979:20190512210327j:image

今年も会社で加入している企業型確定拠出年金の運用報告書が届きました。

僕の場合は、最初は個人型で2年間ほど運用し、その後勤める会社が企業型がスタートしたので、その後約4年積み立てています。

2018年3月末の運用状況と積み立て商品は?

毎月の掛け金は、企業型のMAXの55,000円を拠出しています。個人型が最大23,000円なので拠出額が大きいです。拠出額は所得控除になるので、家計が苦しくない限りは全額拠出が基本スタンスです。企業型をMAXでかけているので年間約20万円の節税になっているはずです(所得税20%+住民税10%で計算)。

 

現在、積み立てている商品は、

インデックスファンド海外新興国株式  ・・・20%
DIAM外国株式インデックスファンド(DC)・・・60%
SMT グローバルREITインデックス・オープン・・・20%

という3本になります。

 

運用益が非課税ということで、攻めの積み立て商品ラインナップになっています。ここ1年は昨年とは正反対で新興国株式が軟調でグローバルリートが好調となっています。

 

資産残高は、2013年からの積立の結果、268万円と昨年にくらべて84万円増となりました。なお損益額は31万円ほどの黒字となっています。昨年は14万円の黒字だったので、2018年は好調な運用だったようです。どちらにしても60歳までは引き出しができないので、長い目で見ていきたいと思います。

 

aboutmoney.hateblo.jp

2019年4月の発電記録

f:id:mailto1979:20190507213306j:image

GWも終わってしまいました。さて4月の発電記録です。

2019年4月の発電量は?

2019年4月の発電量は、下記の通り。

 

発電量:785.6kwh

売電量:689.9kwh

 

月末の晴れた日は35kwhぐらい発電するようになってきました。

シュミレーションでは、854kwhの発電予想になっていましたので、シュミレーションの92%となりました。昨年は780kwhの発電量だったので上振れです。ただ気になるのは消費電力が相変わらず昨年比で高めに推移していること。特に何か家電を買ったわけではなのですが…??

5月は今のところ晴れる日が多いので期待です!

本ブログ初登場!しまむら から株主優待と業績報告書が届きました!(2018年度)

f:id:mailto1979:20190505110632j:image

ユニクロとともに一時、ファストファッションの代名詞となった、しまむら。今回初めて株主優待が届きました!

しまむら株主優待制度はこちら!

しまむら株主優待制度は、下記のようになっています。

お買物券(1000円券)
100株以上 2枚 (2,000円分)
1,000株以上 4枚 (4,000円分)
3,000株以上 6枚 (6,000円分)
5,000株以上 10枚 (10,000円分)
本券1枚につき、1,000円の買物券として使用可。現金、商品券との引換は不可。 取替え、再発行は不可。
ファッションセンターしまむら、アベイル、バースデイ、シャンブル、ディバロの各店舗で利用可。

なおしまむらは2月20日が決算となりますので注意が必要です。ちなみに今回はクロス取引で取得しました。ただ清算をしてみて気づいたのですが、値がさ株のためほとんどが手数料となってしまいました。

うーん、クロスをして取引するほどでもないかなぁというのが正直な感想です。

しまむらの業績は?

つづいて業績をみてみましょう。

 

売上高 5651億円→5459億円(▲3.4%)

経常利益 439億円→262億円(▲40.3%)

当期純利益 297億円→159億円(▲46.4%)

 

今期は大幅な減収になりました。主力のしまむら事業が4.8%の売上減が響いています。曲がり角なのでしょうね。

JTから株主優待品が届きました!(2018年12月分)

f:id:mailto1979:20190428113307j:image

日本有数の高配当株式になっているJT。配当と共にうれしいのが株主優待です。そんなJTの12月分の株主優待が届きました!

JTの優待制度は?

JTの優待制度ですが、今回をもって変更となります。

(変更前)

100株以上 1,000円相当の自社商品 または 寄付
200株以上 2,000円相当の自社商品 または 寄付
1,000株以上 3,000円相当の自社商品 または 寄付
2,000株以上 6,000円相当の自社商品 または 寄付
※優待商品の贈呈に代えて社会貢献活動団体への寄付選択可

 

(変更後)

※12月末日基準日の株主様を対象として年1回の実施とする。
1年以上継続保有*
自社グループ商品 または 相当額の寄付
100株以上 2,500円相当
200株以上 4,500円相当
1,000株以上 7,000円相当
2,000株以上 13,500円相当
* 同一株主番号で、3月31日現在、6月30日現在、9月30日現在、12月31日現在の株主名簿に連続して5回以上記載又は記録されていること。

変更後は、長期保有優待に変更とともに、年一回の優待実施になります。かわりに商品金額が少し増加されています。僕自身は、すでに200株を保有しているので、特に影響なく、恩恵にあずかろうと思います。

会社からみても長期保有の株主を優遇した方がいいでしょうし、発送手続きなどの手間も考えるとこちらの方がいいのでしょうね。

 

今回届いたものは2000円相応の商品ということです。個人的にスープがたくさん入っているのがうれしいです。妻の分もあるので、しばらく朝食にスープが付くことになります。