お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

(読書)「不労所得」のつくり方/吉川英一

不労所得

良い響きですね。そんなタイトルにひかれて本書を手にとりました。

 

資産形成の第一歩は、分散にありますが、収入源についても複数持っていた方が良いとされます。僕をはじめ多くの会社員は、まず「給与所得」によって基本的な収入ベースが確保されます。

つづいてもう一つの柱を持とうというのが、本書のテーマになります。会社員的には副業になるのですが、ここでアルバイトなどの時間労働に縛られてはいけません。本書では時間労働を「苦労所得」と皮肉っていますが、要するにお金に働いてもらう、他の人がお金を持ってきてもらうような所得を目指すことが重要となってきます。

 

本書では、その方法論として多くを不動産投資、つづいてFXを使った投資?というものを紹介しています。

FXの部分は、個人的には賛同しませんが(食わず嫌いとも言われますが…)、不動産投資については少し興味があるのも事実です。

 

不動産投資において最重要は、いかに安く仕入れるかということですが、現状不動産価格が高止まりしている現在において、なかなか手を出しずらいのが現状です。ただ不景気になった時に備えて、勉強しておいて損はありません。

ただ昨今、REAT市場の整備があり、現状でも約4~5%の利回りを確保できる(リーマンショック時は7%超えも多数あり)方法がある中で、現物不動産に手を出す有効性がなかなか見いだせないところです。

現物不動産に投資するメリットとしては、まず会社化しての経費計上や相続時のメリットでしょう。不動産の会社化には、目安として5棟10室といわれています。確かに地方の300万円程度の物件であれば、事業化への金銭的な道筋も立ちますが、都市部で5棟10室を作るには気が遠くなってきます。

もうひとつは、借入金を使ったレバレッジになります。幸い会社員だと金融機関も融資が付きやすいです。これを使うメリットは多分にあります。

 

ただ、手間を考えると、REATかなぁというのが現実的な僕の現在の意見ですが…。

 

一生好きなことをして暮らすための 「不労所得」のつくり方 (光文社新書)

一生好きなことをして暮らすための 「不労所得」のつくり方 (光文社新書)

 

 

今年2回目!ふるさと納税で、福岡県那珂川町から『徳用 野菜カレー180g×50袋セット』が届きました!

新居への引っ越しがひと段落したので、ふるさと納税を再開させました。

今回は、今年2月に寄付をして非常に好評だった、カレー50袋の返礼品がある福岡県那珂川町へ寄付させていただきました。

こちらが『徳用 野菜カレー 50袋セット』‼

f:id:mailto1979:20171013182504j:image

カレー専門店『サブジ』というお店が監修の野菜カレーです。前回同様、非常に業務用のようなパッケージです。

これが1万円の寄付で50袋も一気に送られてきます。やはり圧巻です。

これで食事を作るのが面倒な時に簡単に出せるので非常に重宝しています。前回の寄付が2月だったのですが、我が家では4ヶ月ほどでなくなりました…。どれだけ食事を手抜きしていたかがわかりますね…。

美味しく便利にいただこうと思います。

 

www.satofull.jp

 

aboutmoney.hateblo.jp

マクドナルドホールディングスから株主優待券とが届きました!

f:id:mailto1979:20171004082735j:plain

株主優待の人気銘柄、5本の指に入る人気銘柄であるマクドナルドホールディングスから優待券が届きました!

マクドナルドホールディングスの優待制度はこちら

マクドナルドホールディングスの優待制度は下記のようになっています。

1冊にバーガー類、サイドメニュー、飲物、3種類の商品の無料引換券が1冊になったシート6枚


100株・200株 1冊
300株・400株 3冊
500株以上 5冊

高額バーガーを除き、基本的にすべてのメニューを優待券で引換できるということです。ヤフオクでは1冊あたり3300円程度で取引されています。僕の場合は500株でしたので、16,500円相当の優待がとどいたことになります。

2017年10月の株価で500株の場合、250万円ほどになります。年2回の優待制度ですので、優待利回りは1.3%となります。

 

それにしても、よく朝、マクドナルドに行くことが多いのですが、客数が増えているのがわかります。株価も回復中。底力を感じます。

 

すかいらーくから中間報告書と株主優待、みなし配当金が届きました!(2017.6期)

f:id:mailto1979:20171002143201j:image

優待目的で保有している、すかいらーく。以前、株主優待制度の拡充を発表し、株価も急騰した銘柄になります。そんなすかいらーくから優待や中間報告書、そしてみなし配当金が届きました。

まずは中間報告書から

中間報告書から業績をみてみましょう。

 

売上高 1730億円→1762億円(+1.8%)

営業利益 137億円→129億円(▲5.8%)

当期利益 77億円→78億円(+0.9%)

 

一応、増収増益となっています。

現在すかいらーくグループのブランド別の売上構成比ものっていました。それによると、ガスト(42.9%)、ジョナサン(11.5%)、バーミアン(10.4%)、夢庵(6.0%)、ステーキガスト(4.9%)となっています。さまざまなレストラン業態をだしているのですね。

資本剰余金を原資とする配当金が発生

今回の中間決算にあたり、資本剰余金を原資とする配当金が発生しています。1株あたり16円で、300株保有ですので4,800円のみなし配当金が発生しました。

通常の配当金は配当所得となりますが、この場合は譲渡所得になるということです。まぁNISA口座で購入しているのであまり関係ないのですが…。

それにしても資本剰余金を出すというのは会社としてはどうなのでしょうか。基本的には再投資してよ!と思いたくなります。おそらく海外投資家などの意向なのでしょうね。

拡充された株主優待も届きました!

この6月期から株主優待制度が3倍に拡充されました!下記のようになります。

100株以上 6月末: 3,000円 12月末: 3,000円
300株以上 6月末: 9,000円 12月末:11,000円
500株以上 6月末:15,000円 12月末:18,000円
1,000株以上 6月末:33,000円 12月末:36,000円

僕の場合は、300株保有ですので9000円分の優待が届きました。9000円分って!

優待利回りは、僕の保有の300株の場合で、2017年9月末の株価で4.0%となります。購入価格からは5.1%となります。まぁこれだけ高ければ長期保有としようと思います。

ただ、ヤフオクの相場では80%~85%程度の価格で取引されているようです。やはり流通量がおおくなり、価値は落ちているような気がします。

個人的には、ランチ&ドリンクバーで、外部オフィスとして使う予定です。

 

 

aboutmoney.hateblo.jp

 

 

東急レクリエーションより中間配当と中間株主通信が届きました!(2017.6期)

f:id:mailto1979:20170929081822j:image

優待目的の東急レクリエーションより中間配当と株主通信が届きました。こちらの企業、12月決算ということで、1〜6月の半期の報告となります。

まずは業績から

株主通信から第二四半期の業績をみてみたいと思います。

売上高 158億2500万円→165億6900万円(+4.7%)

営業利益 5億0100万円→9億0900万円(+81.3%)

経常利益 4億6500万円→8億6200万円(+85.3%)

四半期純利益 3億4100万円→5億3100万円(+55.7%)

前年と比べて大きく伸びています。ただ通年予想は増収減益予想としています。

各部門別で見てみましょう。


映像事業
売上 94億2100万円(+9.8%)
営業利益 7億5100万円(+78.4%)

ライフ・デザイン事業
売上 30億6600万円(▲6.9%)
営業利益 6100万円(前年は▲3000万円)

不動産事業
売上 35億5200万円(▲0.2%)
営業利益 7億3100万円(+3.3%)

トピックスとしてはライフデザイン事業の黒字化でしょうか。長年、この銘柄を保有して決算をみていますが、初めて黒字化しています。これは赤字のフットサル事業の縮小に加えてフィットネス事業の拡大、そしてホテル事業の好調が寄与しているということです。

映像事業や不動産事業については安定的に利益を出しています。

中間配当金は安定の3,000円

中間配当は安定の1株3円。1,000株持っていましたので、税引前で3,000円になります。
期末配当金も同額が見込まれますので、現在の株価(2017.9末)からの利回りは0.7%となります。配当的にはちょっと魅力にはかける銘柄です。

お目当の株主優待は11月1日〜

利回りだけでは美味しくないこの銘柄ですが、株主優待目当で保有されている方は多いようです。
東急レクリエーション株主優待の一番は映画がタダで観ることができること。
1,000株保有ですので、半年で18ポイント(6本分)のポイントが付与されます。ただ月間使用ポイント上限があり、8ポイント(4本分)までしか使えませんので、駆け込みでいっぱい使おうと思ってもできません。
最近は、子どもも子供料金がかかるようになってしまったため、妻と2名義を保有して、子どもたちと一緒に映画鑑賞に出かけています。

 

最近は大人向けの映画、観に行っていないなぁ…。映画観たい…。

ふるさと納税で、福井県坂井市から『コシヒカリ 15kg』が届きました!通年発送でおススメ!

我が家のお米の備蓄がなくなってしまいました。新米の季節になってきましたが、ちょっとまだ早いということで、通年発送対応のお米の返礼品に出す、坂井市ふるさと納税を実施しました。

こちらが返礼品の「コシヒカリ 15kg」

f:id:mailto1979:20170924180801j:image

1万円の寄付で20㎏のお米の返礼品を出す自治体もありますが、この時期になるとさすがに受付終了が多くなっています。今回は、通年発送をしてくれて、1万円で15㎏のお米の返礼品をもらうという条件で探したのが、ここ福井県坂井市になります。

ちなみに坂井市福井県内のコシヒカリ生産量1位ということです。

15㎏だと我が家では2ヶ月ほどの分ですが、新米が来るまでのつなぎとして、おいしくいただきたいと思います。

福井県坂井市ってどんなところ

福井市の北に位置し、福井平野を真ん中にあるのが坂井市になります。人口は9万人でこれは敦賀市よりも多く、福井県2位ということです。

東尋坊丸岡城芝政ワールドなど観光地を抱えている町になります。

産業は、福井平野での農業(花らっきょの生産量は日本一)、三国港での工業地区などがあります。

僕も昨年、旅行で行きましたが、どことなく平野があるからか福井県の中でも明るいイメージがありました。福井県は子育てがしやすい県ということですが、その中でも代表格といったところでしょうか。

 

 

ふるさと納税で、福岡県上毛町から『切り落とし豚肉 4㎏』が届きました!

子どもたちが大きくなりつつあり、食費がかさむなぁ。特にお肉…。ということで今回は豚肉が大量にいただける福岡県上毛町ふるさと納税を実施しました。

こちらが返礼品の『豚肉 切り落とし4kg』‼

豚肉の返礼品でもトップクラスの量を誇るのがここ上毛町。ちなみに読み方は、「こうげまち」と読みます。その量、なんと4㎏!いくら切り落としとはいえ、なかなかの量です。こちらが送られてきた商品になります。

 

1㎏づつ小分けにされて、4パック。しばらくは大丈夫でしょう。

ちなみにAmazonで調べてみると、訳アリ九州産豚肉切り落としで、250gあたり330円ほどでした。ですので5000円ほどの価値があるようです。

福岡県上毛町ってどんなところ?

今回寄付をした上毛町は福岡県の最東端にある町になります。隣は大分県中津市になります。経済圏としては中津市の経済圏ということです。

正直、聞いたことがない町でした。2005年に新吉富村と太平村が合併して誕生した町ということです。

人口は7000名強ですが、減少傾向にあります。農業が盛んということですが、どうもこれといって特色はない町のようです。

九州というと九州新幹線が通った、福岡~熊本~鹿児島の方が経済活動が盛んで、北九州~大分~宮崎方面はどうしても地味な印象になりますね…。

 

上毛町ふるさと納税制度のご案内 - 上毛町ホームページ