お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

あなたがまだ若いなら時間を味方につけて、複利効果を得よう!

もうすぐ新年度ですね。これから就職や進学をして新しい生活を始める人も多いと思います。さて今回はそんな若い方へ向けてのマネー記事になります。

残念ながら最近、世代間格差のニュースをよく聞かれるようになりました。高齢者ほど資産を持っている事実は否めません。資産がない(当然ですね)若い世代が高齢者にない武器が時間です。

今回は、時間を利用した資産運用についてです。

まずは積立から

積立の重要性は、あちこちで語られています。資産を増やすには3つの方法しかありません。
  1. 収入を増やす
  2. 支出を減らす
  3. 資産を運用する
単純ですね。ポイントは3の資産を運用するというところにあります。これは次の複利のところで詳しく述べます。
資産を運用するにあたって大事なことはタネ銭が大きければ大きいほど収益の絶対額は大きくなるということ。
同じ3%の収益をあげれても、100万円だと3万円ですが、1000万円だと30万円となります。
このタネ銭を作るのが積立です。収入から無理やり引落しをして貯蓄を作っておくのがポイントです。決して残ったお金を貯蓄にまわそうという考え方はNG。人間はそこまで強くないです。

複利と単利

世の中の利息の考え方には単利と複利の2つがあります。
 
単利:元本のみ利息がつくこと
複利:元本と前についた利息の合計に対して利息がつくこと
 
実際にどれぐらいの差になるのでしょうか。
毎月10万円を積立をし、0%・1%・3%・5%でそれぞれ運用したとしましょう。
 
経過年数・0%・1%・3%・5%(単位:万円)
 
  5年    600・  618・  656・  696
10年  1200・1268・1416・1584
15年  1800・1950・2298・2718
20年  2400・2668・3321・4166
25年  3000・3423・4506・6013
30年  3600・4215・5880・8371
 
 
このように複利での効果は、長期間に及ぶと絶大な差となります。
ポイントは、最初のうちは差が少なく、資金が膨れ上がるにつれて差が広がるところ。
”富めるものはより富む”という格言通りです。
ここでいう3%・5%は30年という超長期で考えると無理な利率ではないです。
余談ですが、こういう経過年数の表で年利10%とかいうものがありますが、さすがにこれはないと思います。こういう表が出てきたら疑いましょう。
 
このように利率の差もですが、積立年数によって大きく差ができることがわかります。大事なことは
  • 少しでも早く積立を始めること
  • 良い利率で安定的に運用すること
一つ目は上記の記載からわかりました。二つ目の良い利率という部分は当然ですが、安定的に運用することについて考えてみたいと思います。

安定的に運用することの重要性

毎年3%を安定的に出しつづける商品と高利回りだけど10年に一回3割の暴落をする商品を比較してみましょう。毎年100万円を積立&35年運用した場合、この高利回り商品はどれぐらいの利回りがあれば結果がおなじになるかということをグラフにしたのが下記のグラフになります。 

f:id:mailto1979:20190130092053p:plain

3%安定運用vs高利回り暴落シナリオ
グラフを見ると毎年100万円を積立をし3%で複利運用をすると35年後には6300万円になります。
10年に1度3割の下落に見舞われた場合、35年で同じ運用成績を残すためには約7%弱の運用利回りを確約しないといけません。
 
どんな商品にもリスクとリターンがあります。資産設計をする上で一番大事なことは負けない投資ということになります。
ちなみにリーマンショックの年などはどの商品も全くのリターンでした。つまり何をやっても勝てない年もあるということを覚えておきましょう。
 
安定的な利回りが重要 → 負けない、負けにくい投資スタイルが重要

 最後に

ここまで、積立の重要性と複利効果、安定運用の重要性を述べてきました。
しかし、現時点で20歳の方であるなら、ぜひ様々なことに挑戦をしてもらいたいと思います。資産を増やす3つの方法について最初に述べましたが、収入を増やすという方法もあるということをお忘れなく。
今日、説明した積立や複利効果は、挑戦するあなたのちょっとした心の保険になると思います。
 
時間は有限です。無駄にしないで将来につながることに挑戦をしてほしい。老婆心ながらそう思う日々です。
 
こんなことを書くと、年取ったなぁ思わざる終えません。

ブロンコビリーの株主総会に出席してきた!

f:id:mailto1979:20190320092001j:image

今年、初めて保有したブロンコビリー

優待は先日届いたのですが、数少ない名古屋本社の銘柄ということで、せっかくなので株主総会に出席してきました。

過去、同じ名古屋銘柄ということで、マックスバリュ中部ヴィレッジヴァンガードは出席したことがあるのですが、久しぶりの株主総会でした。

会場は、千種駅そばにあるメルパルクホテルの宴会場になります。500人以上の方が出席されていました。

 

まず社長から業績や審議事項など説明がありました。これらは招集通知を読み上げている形です。業績も絶好調なので、自信満々の説明でした。

さてBtoCの特に飲食や小売り銘柄恒例の質疑応答タイムです。

よくある優待の拡充、配当増額希望に加えて、店舗に対する意見が相次ぎます。ただ新業態への挑戦についてに説明を求めたりする質問もあり、なかなか面白かったです。

また昨今のバイトテロについての対策についての説明では、昔ブロンコビリーでもあったようで、その事件以降、携帯電話の持ち込み禁止となっている旨の説明もありました。そしてその事件を知らない世代も入社してきているので再教育の必要性も説いていました。

社長が結構真摯に答えている姿は、好印象だったと思います。(個人的には裏の姿を想像してしまうあまのじゃくですが…)

全体的にほんわかした暖かい雰囲気の株主総会でした。

f:id:mailto1979:20190320092016j:image

ちなみに総会のお土産もいただきました。こちら店舗の食事券、1,000円分になります。株主優待と違って、5月末までの使用期限となっています。

 

時間があれば、社会勉強になるのが株主総会です。またどこかで参加したいですね。

 

aboutmoney.hateblo.jp

半期に一度のお楽しみ!JAバンクから預金連動型住宅ローンのキャッシュバックが入金されました!

貯éãæ®ãã ãããããéãæ»ãä½å®ã­ã¼ã³ãã貯éé£ååä½å®ã­ã¼ã³ å å®å®¶è¨ãå å®å®¶è¨ã®3大ã¡ãªããã1.貯éãæ®ããã2.ãéãæ»ãã3.ä½å®ã­ã¼ã³æ§é¤ãæå¹æ´»ç¨ï¼ï¼

2017年に住宅を購入した時に組んだ住宅ローンが、預金連動型住宅ローンになります。僕の場合は、JAバンクの預金連動型住宅ローンを利用しました。

最大ローン残高の半額までがキャッシュバック対象

預金連動型住宅ローンとは、同じ銀行の預金残高に応じてが住宅ローン利息をキャッシュバックするというもの。

JAバンクの場合は、残高の半額までが対象となります。一旦ローンの利息は毎月払うのですが、年に2回キャッシュバックがあります。

キャッシュバックは、3月15日と9月15日の年2回に、計算対象期間(3月は7月から12月分、9月は1月から6月分)のキャッシュバック金額を貯金連動型住宅ローンの返済用口座に入金されます。

 

この制度を最大限利用するには、住宅ローンの半額分の預金を準備する必要があります。その場合はローン金利の半分の金利で借りていることになります。

ちなみに、預金があるのに頭金に回さず預金連動型住宅ローンを組むのかというと、住宅ローン減税を利用するためです。ローン残高の1%が戻ってきますので頭金に回すより、トータルでは得になります。

 

このキャッシュバックは今回で3回目。今回は、2018年7月から12月分のキャッシュバックとなります。45,000円ほどのキャッシュバックとなりました。

過去3回の合計で、13万円ほどのキャッシュバックを受けています。

逆に言うと、僕が借りている金利0.8%ですら26万円も利息で払っていることになります。低金利とはいえ、恐ろしい金額ですね。

 

このキャッシュバックを鑑みると僕場合は、固定10年間で0.80%ほどで借りていますので、ローン自体は0.40%で借入していることになります(別途、保証料分は一旦払っています)。

借入金をこれ以上の金利で運用できれば、利ザヤが稼げます。住宅ローンは個人ができる数少ない資金調達手段になります。

 

もともと預金連動型住宅ローンは、貯金がある人にとって有効なローンになります。活用できる人はぜひ活用して、ローン返済費用を確保しつつ、運用してみるのもいい手段かと思います。

www.jabank.aichishinren.or.jp

 

 

aboutmoney.hateblo.jp

 

 

東京ドームから株主優待が届きました!(2019年1月期)

f:id:mailto1979:20190317112939j:image

昨年に続き、東京ドームから株主優待が届きました!貴重な1月決算銘柄になります。

東京ドームの株主優待制度はこちら!

東京ドームの株主優待制度は下記のようになっています。

(1) 東京ドーム株主優待 得10チケット
※所定の点数に応じ、東京ドームシティ アトラクションズ、ラクーア東京ドームホテルだけでなく、東京ドームシティにおける様々な施設やイベントに利用可

(2) 東京ドーム 500円優待券

(3) 野球株主証
※対象年度に東京ドームで開催のプロ野球ペナントレース読売ジャイアンツ及び北海道日本ハムファイターズの主催試合〕のうち、希望の試合(所定の数まで)。未使用に限り株主限定通信販売で所定の金額分として利用可
①巨人戦指定席C 2枚 又は 日本ハム戦指定席1枚
②巨人戦指定席B 2枚 又は 日本ハム戦指定席1枚
③巨人戦指定席A 2枚 又は 日本ハム戦指定席1枚
④株主限定通信販売利用 3,000円分
⑤株主限定通信販売利用 6,000円分

 

500株以上 (1)10ポイント (2) 6枚

2,000株以上 (1)20ポイント (2) 6枚
(3)3年以上:①計8試合(④) (3)5年以上:①計12試合(④) (3)7年以上:①計16試合(⑤)

5,000株以上 (1)20ポイント (2)12枚
(3)3年以上:①計8試合(④) (3)5年以上:①計12試合(④) (3)7年以上:①計16試合(⑤)

10,000株以上 (1)30ポイント (2)24枚
(3)3年以上:①計8試合(④) (3)5年以上:①計12試合(④) (3)7年以上:②計16試合(⑤)

30,000株以上 (1)30ポイント (2)30枚
(3)3年以上:①計8試合(④) (3)5年以上:①計12試合(④) (3)7年以上:③計16試合(⑤)

 

なかなか複雑な制度になっています。

一番のお目当ての野球株主証を手に入れるためには、3年以上の長期保有、2000株以上が必要となっていきます。さすがに簡単に手を出せません。

今年も500株のクロス取引ですので、得10チケットと500円優待券が6枚となります。

得10チケットは東京ドームシティアトラクション ワンデーパスポートと引換ができますので3,900円相当となります。優待券とあわせると6,900円相当となります。

ヤフオクでの落札相場は5,000円ほどとなります。

個人的には、宇宙ミュージアムが気になります。

 

 

aboutmoney.hateblo.jp

aboutmoney.hateblo.jp

すかいらーくから株主招集通知と配当金、そして株主優待が届きました!(2018.12期)

f:id:mailto1979:20190317103735j:image

保有しているすかいらーくから株主総会招集通知と配当金、そしてお目当ての株主優待が届きました!

まずは業績から

株主招集通知から業績をみていきます。

 

売上    3594億4500万円→3663億6000万円

営業利益  281億0300万円→228億5700万円

税引前利益 235億1900万円→185億9600万円

当期利益  155億4900万円→114億3800万円

EPS    79.36→58.04

BPS    646.57→661.92

 

昨年に続き増収減益という決算になりました。完全に踊り場となっているようです。

 

決算書からみると昨年は、株主優待引当金は、流動負債として12億9700万円、固定負債として1億9700万円が計上されていました。今年は、露骨に株主優待引当金とう表現はなくなっており、引当金という負債項目がありました。これによると、流動負債として20億9300万円、非流動負債として150億8000万円が計上されています。おそらく他のものとの合算になっており不明ですが、増えてはいるのでしょうね。項目を変えるのはやめてほしいです。

どこかで見直しされる気がしてなりません。

すかいらーくの配当金は?

続いて、2018年度の期末配当金は、1株あたり22円でした。500株(うち200株はクロス取引分ですが)保有していますので、税引き前で11000円の期末配当となりました。中間配当が16円ありましたので、年間38円の配当となります。

これは、2019年3月の株価からすると1.0%程度の利回りとなります。購入価格からすると約2.9%の利回りとなります。

なお次期配当は、年間19円に下げられる予定ということです。優待制度は維持しつつ、配当で調整するといういびつな構造になります。

すかいらーくの優待制度は?

すかいらーく株主優待は、一昨年、約3倍に拡充されました。

100株以上 6月末: 3,000円 12月末: 3,000円
300株以上 6月末: 9,000円 12月末:11,000円
500株以上 6月末:15,000円 12月末:18,000円
1,000株以上 6月末:33,000円 12月末:36,000円

今回は、300株の保有に加えて200株のクロス取引ができ、なんと18,000円分の優待カードが届きました!

 

最近、子どもたちもガストのキッズプレートが好きで行くようになりましたので、ありがたく使わせていただきます。

300株保有の場合の優待利回りは、現在(2019年3月)の株価から計算すると3.79%、購入価格から計算すると5.1%とお宝銘柄になっています。

 

いつ、優待の改悪が行われるかビクビクしていますが、保有を続けたいと思います。 

中部電力から3月分の売電連絡がきました。

中部電力からの売電連絡です。

今回は2019年2月7日~3月6日の28日分になります。

28日で391kwhの売電で、10948円の売電金額となりました。

日も長くなってきたこともあり2月にして10,000円越えの売電収入となりました。これでも想定よりは低いのですが……。

 

一方、買電の方ですが、同期間で212kwhで5,555円となりました。差し引き5000円ほどの黒字となりました。

 

昨年同月比では、売電が85%、買電が141%となり、電気収支はよくないです……。早く気持ちの良い春が来て、天気が良くなりますように……。

 

 

財布を落としてしまった……後処理と対策について考える

ã財å¸ãè½ã¨ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

財布を落としました……。ショックですが、仕方ないので冷静にまとめておきます。

財布を落とした被害は?

被害は、

  • 現金とギフトカード 約30,000円
  • 運転免許証
  • クレジットカード 3枚(UAマイレージプラス/イオンカード/ヤフーカード)
  • キャッシュカード 2枚(新生銀行楽天銀行
  • ポイントカード(ポンタ・dポイントカード)
  • 優待関係(イオンオーナーズカード/マックスバリュ割引券/ドトール優待カード 残高約500円/すかいらーく優待カード 1500円分)
  • マックカード 1,500円分

などなど総額で40,000円ほどの被害になっています。あと財布代もですね。

よりによって現金を下ろしたばかりのタイミングになってしまいました。クロス取引やらでちまちま稼いでいたものが、ぶっ飛びます。財布の買い直しを含めると約5万円の損失になります。5%の利回りだとすると100万円の投資相当になります。

領収書の清算をこまめに終えていたのは幸いでした。

後処理について

財布を落として各所に連絡をします。

まずクレジットカードを止めます。幸い3社とも電話で簡単に再発行をしてくれることになりました(無料)。

つづいてキャッシュカード。楽天銀行はアプリ内で無料で再発行手続きが可能でした。一方、新生銀行は電話でやるもののなかなかつながらなかったり、住所変更(していなかった)が必要だったりと少し面倒な印象でした。ただキャッシュカードは無料で再発行してもらうことができました。

最後に会社を半休して運転免許証の再発行です。再発行費が3,500円もかかりました。

財布を落とすことの対策について考える

僕はよく財布を無くします。ポケットから落としたりすることがほとんどです。何回かは運よく戻ってきたりもしています。前回無くしたのは、3年ほど前だったと思います。逆に言うと3年に1回のペースで落としているのです。

今回は、落としたのではなく、もしかしたら地下鉄ですられたのかもしれません。リュックのわかりやすい場所にいれていました…。

 

落とす(すられる)のを防止する対策として、チェーン付の財布にしました。ただスーツだとそうもいきませんので、次の財布を買うまでの対策になります。

財布は落とす可能性があるものだと考えて、下記のような対策をとろうと思います。

  • 現金はなるべく入れない(限度を1万5000円とする)
  • キャッシュカードは1枚/クレジットカードは2枚とする
  • その他カードとポイントカードは別のカードフォルダに移す
  • 優待はよく使うイオンオーナーズカードとマックスバリュの割引券のみを携帯する
  • マクドナルドのギフトカードは1枚づつ買う(週に2~3回コーヒーを飲んでいるのです)
  • 領収書は即清算

最近はApplePayもあり現金を引き出す回数も減りました。これを有効活用するしかありません。

昔は年齢×1,000円がお財布に入れるふさわしい金額と言われていました。さすがに3万円以上入れることはなかったのですが、これを機に削減したいと思います……。