お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

イオンディライトから株主優待案内と2017年度の事業報告が届きました!

f:id:mailto1979:20180525124732j:image

イオン系の決算報告が続々と届いています。今回はビル管理のイオンディライトになります。

イオンディライト株主優待制度は?

イオンディライト株主優待制度は、下記のようになっています。

①~③のいずれかを保有株式数に応じた口数分贈呈

① イオントップバリュ商品2,500円相当
② イオンギフトカード2,000円分
③ ハウスクリーニング割引券(2,500円割引)

100株以上     1口
1,000株以上  2口
5,000株以上  3口
10,000株以上   4口

僕の場合は100株なので1口となります。今年のトップバリュ商品は、フェアトレードコーヒー6袋かビーフカレー10個になります。

まぁ毎年、イオンギフトカードを選択するのですけれども。

イオンディライトの今期の業績は?

続いて報告書から今期の業績をみてみましょう。

 

営業収益    2810億円→2947億円→2958億(+0.4%)

経常利益    166億→173億→172億(▲0.6%)

当期純利益    96億5800万→102億3800万→103億1600万(+0.8%)

総資産      1313億→1395億→1468億(▲0.5%)

純資産      840億→920億→1005億(+9.2%)

 

小幅な増収減益となりました。この会社のいいところはセグメント別が非常に安定しているということ。

セグメントとして、設備管理、警備、清掃、建設施工、資材関連、自動販売機、サポートという事業に分かれていますが、それぞれが10~20%の間でバランスが良く分かれています。

あと報告書で、新社長のインタビューでイノベーションについて記載がありました。イオングループで一番ベンチャースピリットに溢れた会社ということです。具体的にはAI機能の導入を進めていると。

確かに昨今、どこもかしこも人材不足となっています。これを解消するには、移民受け入れかロボットとなります。ロボット分野の推進は、日本が持続する方策の一つです。小売業というような分野は、いち早くこうしたロボット化がすすむでしょうね。

 

aboutmoney.hateblo.jp

2018年5月分 売電連絡が到着!

f:id:mailto1979:20180522092703j:image

中部電力から5月分の売電連絡がきました。

今回は2018年4月6日~5月8日の33日分になります。

33日で731kwhの売電で、20,468円の売電金額となりました。1日あたり22.1kwhの売電となりました。さすがに春になり発電量が伸びています。

これぐらいの売電金額は欲しいです。

 

ちなみに買電の方ですが、同期間で132kwhで3206円となっています。差し引き17,000円ほどの黒字となりました。早く太陽光設置分を回収したいですね。

なお電力会社は、LOOOPでんきを使っています。基本料金ゼロで従量課金。太陽光発電を設置したのであれば家庭での使用量が減りますので、基本料金ゼロはありがたいです。またソーラー割というものも適用でき1キロあたり1円値引きされます。

 

looop-denki.com

吉野家ホールディングスから株主優待券、株主総会招集通知が届きました!(2017年下期)

f:id:mailto1979:20180524153528j:image

優待株の王様、吉野家ホールディングスから優待券と株主総会招集通知が届きました!

2月決算ですので、5月に届きます。

吉野家ホールディングスの優待内容は?

吉野家ホールディングスの優待内容は下記の通りになります。

100株以上 300円サービス券×10枚
1,000株以上 300円サービス券×20枚
2,000株以上 300円サービス券×40枚

株主優待券1冊(10枚)を引き換え期限までに本社に返送した場合、吉野家外販商品詰め合わせセットと交換可

 僕の場合は、100株保有ですので、3,000円分のサービス券が到着しました。 吉野家以外にも京樽はなまるうどんでも使用可能です。

半期で10回ぐらいがちょうどいいペースです。 半期で3000円相当ということで年間6000円相当の優待になります。優待利回りは現在の株価からは2.8%、購入価格からは4.7%になります。

株価は2000円を超えてきており、さすがに高いかなぁ。

吉野家ホールディングスの業績は?

続いて、報告書から2017年度の業績を見てみましょう。

 

売上高 1857億→1886億→1985億(+5.2%)

営業利益 16億→18億→40億(+115.5%)
経常利益 23億→27億
当期純利益 9億→8億→12億
総資産 1086億→1112億→1149億
純資産 589億→577億→572億

 

一応増収増益となっています。主力の吉野家が好調、はなまるが不調となっています。吉野家が占める部分が大きいので、吉野家が好調だと全体が一気に改善します。

それにしても飲食業って利益率悪いですよね…。営業利益率が1%って。

西松屋チェーンから株主優待券 5000円分が届きました!(2018年3月期)

f:id:mailto1979:20180521190158j:image

子どもが生まれてから家計の足しにしている西松屋株主優待。今期もクロス取引で手に入れました。2月20日が期末でして、その報告書と優待券が送られてきました。

西松屋チェーン株主優待制度はこちら

西松屋チェーン株主優待制度は下記のようになっています。

権利確定 2月20日・8月20日

100株~499株 500円券 2枚(1,000円)
500株~999株 500円券 6枚(3,000円)
1,000株以上  500円券10枚(5,000円)

※買上げ金額にかかわらず、当社の店舗に限り金券として利用できる。(釣り銭はでない)

 

長期保有優遇制度

年1回実施(基準日:2月20日
100株以上 500円分/回
500株以上 1,000円分/回
1,000株以上 3,000円分/回
3,000株以上 4,000円分/回
5,000株以上 5,000円分/回

 

というものでです。

昨年から長期保有優遇制度の作られました。こちらは平成32年から実施ということで、連続7回以上保有している株主が対象となります。

また前期からプリペイドカード形式で発行されるようになりました。

かなり優待制度の力を入れている印象です。

だいぶ子どもが大きくなってきましたので、もうあと1~2年かなぁ。家計の足しにさせていただきます。

 

西松屋チェーンの期末報告書から

優待券とあわせて送らてくる事業報告書の方もみておきましょう。

 

 売上高 1362億円→1373億(+0.8%)

 営業利益 78億円→68億(▲12.9%)

 経常利益 80億円→71億(▲11.4%)

 当期純利益 51億円→47億(▲7.0%)

 

増収増益を続けてきた西松屋ですが、一旦踊り場のようです。ただ今期は売上1460億、営業利益82億円と大幅な増収増益予想となっています。どういう作戦なのかはイマイチはっきりしませんが、様子を見守りたいと思います。

 

aboutmoney.hateblo.jp

オリックス不動産投資法人から第32期の分配金と報告書が届きました!(2018年2月期)

f:id:mailto1979:20180521145516j:image

お気に入りのJ-REATのオリックス投資法人から分配金と運用報告書が届きました。僕が初めて買ったJ-REAT銘柄になります。

ブログを見返してみると前期は貸株中で振替をしなかったので、報告書が届かず記事がありませんでした。ですので1年ぶりの登場となります。

分配金は?

今期は1口当たり3299円の分配金となりました。これは前期が3230円となっていますので微増です。

今期の実績分配金と次期の予想分配金(3300円)で、現在の投資口から計算すると3.79%の利回りとなっています。なお購入価格から計算すると9.66%と高利回り銘柄となっています。お宝銘柄です。すでに株式分割の際に半分を売却しているのでタダ株にもなっています。

運用報告書から

この3月に増資を行っており、資産規模が拡大しています。

 

営業収益      222億0300万→224億8400万→229億8700万
営業利益      106億5000万→101億9200万→106億1000万
当期純利益     91億0700万→86億5700万→91億1600万
一口あたり分配金  3252→3230→3299
LTV         46.3%→43.7%→42.8

 

この3月の増資では、USJの前にある「ホテル ユニバーサルポート」を取得しています。ちなみにこの物件オリックスが持っていたものということです。高く買わされている気もしますが‥‥。

最近、ディズニーランド前のホテルの取得といい、ホテル取得を進めているようです。流行りといえば流行りなのですが、個人的には物流施設などの方が安定感があるので、こちらを望んでいます。

まぁタダ株なので引き続き長期保有です。


aboutmoney.hateblo.jp

マックスバリュ中部から2017年度決算 株主通信と株主優待券が届きました!

f:id:mailto1979:20180521143623j:image

2月決算企業の株主総会が5月に入り開催されており、その議決を受けて、株主通信が届き始めました。

マックスバリュ系も届き始めています。マックスバリュ中部もその一つ。株主通信とあわせて株主優待券も届きました。

マックスバリュ中部株主優待制度は?

 マックスバリュ中部の優待制度は下記のようになっています。

(1)株主優待券(100円券)(2)松阪牛しぐれ煮のいずれかを贈呈

100株以上    (1)5,000円相当 (50枚)(2)2,880円(税込)相当
1,000株以上 (1)10,000円相当(100枚)(2)5,760円(税込)相当
2,000株以上 (1)20,000円相当(200枚)(2)5,760円(税込)相当
5,000株以上 (1)25,000円相当(250枚)(2)5,760円(税込)相当

株主総会招集通知とあわせて、優待希望商品のはがきを送ります。我が家は当然、株主優待券をセレクト。1000円につき1枚使える優待券になります。100株の保有ですので、5000円分の優待券が送られてきました。

イオンや各マックスバリュで使用することができます。イオン系スーパーをよく利用するかたにとってはお得な優待になります。

 

aboutmoney.hateblo.jp

コメダホールディングスから株主総会招集通知と株主優待ギフトカードの案内が届きました!(2017年下期分)

f:id:mailto1979:20180515093315j:image

名古屋の喫茶店といえば、コメダ珈琲。最近は全国進出もしているチェーン店になります。そんなコメダ珈琲を運営するコメダホールディングスから2017年下期分の株主優待が届きました!

コメダホールディングス株主優待は?

コメダホールディングスの優待制度は下記のようになります。

2月末/8月末 100株以上
◆オリジナルプリペイドカード「KOMECA」1000円分(×年2回)
※「KOMECA」の有効期間は1年。

昨年上記のように改定となりました。

そして昨年に続き今期も株主議決権の行使で500円分のチャージがあります。これは議決権の行使を促すいい企画ですね。結果としては年間2,500円の優待となります。

優待のKOMECAですが、株主番号が変わらない限り、同じカードにチャージされるということです。この同じカードへのチャージは、東急リラクゼーションやイオンのオーナーカードも同じシステムです。経費削減にもなります。ちなみに再発行手数料は500円ということです。

 

なお配当は年間で50円となります。2018年5月現在の株価(2150円)からすると配当利回りが2.3%。優待利回りが1.1%となります。あわせて3.4%ということで、イマイチ物足りません。

コメダホールディングスの業績は?

続いて、同封されていた事業報告書から業績をみてみたいと思います。

 

売上収益 240億5200万→259億8400万(+8.0%)

営業利益 68億8500万→72億0700万(+4.7%)

当期利益 45億0800万→49億0500万(+8.8%)

 

相変わらず見事な増収増益となっています。 もちろん積極的な新規出店のおかげでしょう。国内の飲食チェーンの一つの目安が1000店ですのでそれまで安定的に増収増益となるかと思います。エリアとして東日本・西日本においてはまだまだ出店余地があります。喫茶店という業態なので、商圏はファミレスよりも狭いので、もう少し出店可能店舗数は多いかもしれません。

 

aboutmoney.hateblo.jp

aboutmoney.hateblo.jp