お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

吉野家ホールディングスから株主優待券、株主総会招集通知が届きました!(2019年下期)

f:id:mailto1979:20200501104417j:image
優待株の王様、吉野家ホールディングスから優待券と株主総会招集通知が届きました!

2月決算ですので、5月に届きます。

吉野家ホールディングスの優待内容は?

吉野家ホールディングスの優待内容は下記の通りになります。

100株以上 300円サービス券×10枚
1,000株以上 300円サービス券×20枚
2,000株以上 300円サービス券×40枚

株主優待券1冊(10枚)を引き換え期限までに本社に返送した場合、吉野家外販商品詰め合わせセットと交換可

 

僕の場合は、100株保有ですので、3,000円分のサービス券が到着しました。 吉野家以外にも京樽はなまるうどんでも使用可能です。

いつもなら半期で10回ぐらいがちょうどいいペースなのですが、コロナ禍で外食の割合が減っていてどうしたものかなぁという状態です。

半期で3000円相当ということで年間6000円相当の優待になります。優待利回りは現在の株価からは2.7%、購入価格からは4.7%になります。

コロナ禍があったものの、それなりに株価は戻しており、1年前とほぼ同水準なんですね。

ちなみに今期は、議決権行使で抽選で200名様に吉野家プリペイドカード1000円分がプレゼントということです。これは良い取り組みですよね。個人的にはイオンがやっているインターネット議決権行使を条件にすれば、郵送料も節約できるのでいいと思うのですけど。

吉野家ホールディングスの業績は?

続いて、報告書から2019年度の業績を見てみましょう。

 

売上高   1985億→2023億→2162億

営業利益  18億→40億→39億

経常利益  46億0400万→3億4900万→33億6900万

当期純利益 14億9100万→△60億→7億1300万

総資産  1156億→1126億→1261億

純資産  572億→578億→483億

 

 今期は主力の吉野家が好調だったということで、増収増益決算となりました。さて2020年はコロナ禍で外食は壊滅的な打撃を受けていますが、吉野家はどうなんでしょうか。不景気になるので、意外と耐えるかもしれません。テイクアウトも昔からやっていますしね。

aboutmoney.hateblo.jp