お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

近鉄グループホールディングスから株主優待と中間報告書が届きました!(2019年度上期)

f:id:mailto1979:20191210092354j:image

ここ最近のお気に入りの株主優待銘柄である近鉄グループホールディングスから株主優待と中間報告書がとどきました。

実家が大阪ということもあり、大阪へは時々行くのですが、そのときにお世話になるのが、近鉄電車。基本的には新幹線のエクスプレス予約を使うのですが、時間がある時などは近鉄特急を使うこともあります。

以前は、回数券のばら売りが金券ショップで売っていたのですが、回数券の廃止があり、インターネット予約に以降してしまいました。

新幹線自由席往復早得切符も販売終了となり、安くそこそこ早く移動するには、近鉄株主優待券+インターネット予約という組み合わせが有力となります。

 (名阪ビジネス回数きっぷも発売となりましたので、こちらを金券ショップで購入するのも手ではあります)

 

aboutmoney.hateblo.jp

 

近鉄グループホールディングス株主優待は?

近鉄グループホールディングス株主優待制度は下記のようになっています。

近畿日本鉄道線沿線招待乗車券
近鉄電車全線(葛城山ロープウェイを除く)に1枚1人片道通用
100株以上 一律 4枚

株主優待乗車券
近鉄電車全線(葛城山ロープウェイを除く)に1枚1人片道通用
1,000株以上  4枚
2,000株以上  8枚
3,000株以上 12枚
4,000株以上 16枚

株主優待乗車証
持参人は誰でも利用でき、近鉄電車全線(葛城山ロープウェイを除く)および近鉄バス全線(一部路線を除く)に通用

5,100株以上  1枚
15,000株以上  2枚
30,000株以上  3枚
50,000株以上  4枚
10万株以上  5枚
100万株以上 10枚

株主様ご優待券
あべのハルカス展望台・生駒山上遊園地志摩マリンランド志摩マリンレジャー志摩スペイン村・ゴルフ場・レンタカー・ロープウェイ・映画館・近鉄不動産近鉄百貨店・レストラン・旅館・ホテルなど割引券

100株以上 1冊

色々ありますが、100株保有で4枚の株主優待乗車券とグループ優待冊子がもらえます。株主優待乗車券は、ヤフオク相場では1600~1700円ほどですが、これは自分で使おうと思っています。

圧巻なのはグループ優待冊子です。さすが日本一の路線網を持つ私鉄グループということもあり展開企業も各地に及びます。面白いのは近鉄は別府に拠点に持っており、フェリーやロープウェイなどを持っているということです。

「ひのとり」株主向け試乗会

近鉄グループの今期のニュースで話題になったのは「ひのとり」という豪華列車がアーバンライナーのかわりに投入されるということ。今回、株主向けに試乗会が実施されるということで、その応募はがきが封入されていました。こちら結構な倍率になると思いますが、応募してみようと思います。当たったら子どもと行きたいと思います。

近鉄グループホールディングスの業績は?

続いて、中間報告書から業績を見てみましょう。

 

営業収益 6011億円→6134億円(+2.0%)

営業利益 337億円→366億円(+8.8%)

経常利益 336億円→355億円(+5.4%)

当期純利益 214億円→210億円(▲1.8%)

 

続いて、各部門ごとの収益/利益をみてみます。

 

運輸 1116億円→1155億円(168億円→199億円)

不動産 667億円→699億円(82億円→81億円)

流通 1952億円→1944億円(33億円→28億円)

ホテル・レジャー 2426億円→2492億円(40億円→45億円)

 

主力の運輸部門が大きく伸びています。これは前年の自然災害の減収の反動と大型連休の行楽需要、増税前の定期券の駆け込み発行などのためとされています。大きな路線網をもっているためか結構鉄道部門が強いですね。

 

aboutmoney.hateblo.jp

aboutmoney.hateblo.jp