お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

本ブログ初登場!ラクト・ジャパンから株主優待のクオカードと中間業績報告書が届きました。(2019.5期)

f:id:mailto1979:20190902091808j:image

5月に中間決算だったラクト・ジャパンという会社から株主優待のクオカードと中間業績報告書が届きました。こちら本ブログでは初登場となります。

ラクト・ジャパンの株主優待制度は?

ラクトジャパンの株主優待制度は下記のようになっています。

100株以上 継続保有
3年未満:QUOカード 1,000円分
3年以上*:自社選定カタログに記載する3,000円相当の商品5点の中より1点選択
* 株主名簿基準日(5月31日および11月30日)の株主名簿に連続7回以上記載された同一株主番号の株主様。

今回は、3年未満ですので1000円分のクオカードが届きました。

ただ、こちらクロス取引で取得したのですが、早すぎたため赤字でした……。何やっているんだか。

ラクト・ジャパンの業績は?

ラクト・ジャパンは食品専門商社になります。主に乳原料・チーズ部門、食肉加工品、アジア事業という3本柱で成り立っています。といっても乳原料・チーズ部門が74%の売上となっています。

 

続いて中間決算の業績を見てみましょう。

 

売上高 577億1200万円(▲2.5%)

経常利益 12億5200万円(+10.5%)

四半期利益 8億8700万円(+20.5%)

 

部門ごとでは、アジア事業が好調で、特にアジア事業のチーズ製造販売部門は3割近い増収となっています。アジア市場の食の欧米化もありここに注力してほしいですね。

 

ちなみに一般市場でラクトジャパンの名前をきくことはまずないということです。ヨーグルトやアイスクリームの原料として国内メーカーに供給しているということです。目には見えないけれども生活に浸透している会社なんですね。