お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

ビックカメラから中間報告書と株主優待券が届きました!(2019年2月期)

f:id:mailto1979:20190523095611j:image

恒例のクロス取引にてビックカメラの優待を取得しました。そんなビックカメラから中間報告書と株主優待券が届きました。

ビックカメラ株主優待は?

ビックカメラの株価の底支えの要因である株主優待ビックカメラ株主優待制度は下記のようになっています。

 

【全株主様向け優待制度】

株主お買物優待券

<2月末日>
100株以上 2,000円 (1,000円券×2枚)
500株以上 3,000円 (1,000円券×3枚)
1,000株以上 5,000円 (1,000円券×5枚)
10.000株以上 25,000円 (1,000円券×25枚)

<8月末日>
100株以上 1,000円 (1,000円券×1枚)
500株以上 2,000円 (1,000円券×2枚)
1,000株以上 5,000円 (1,000円券×5枚)
10,000株以上 25,000円 (1,000円券×25枚)


【長期保有株主様向け優待制度】
<8月末日>
1年以上2年未満継続保有※1(100株以上) 株主お買物優待券1枚追加
(1,000円券×1枚)
2年以上継続保有※2(100株以上) 株主お買物優待券2枚追加
(1,000円券×2枚)

 

100株を長期保有していると年間5000円分の商品券がもらえることになります。現在(2019年5月)の株価からすると優待利回りは4.2%となっています。株価が軟調で優待利回りはあがっています。

ちなみに今回も100株のクロス取引でしたので、2000円分の商品券が送られてきました。

ビックカメラの優待の難点は、有効期間が半年であること。そんなに家電買わないし…。

中間報告書から業績は?

つづいて中間報告書から業績を見てみましょう。

 

売上高 3855億→4150億→4418億(+6.5%)

営業利益 93億→133億→126億(▲5.2%)

経常利益 107億→144億→139億(▲3.2%)

四半期純利益 64億→87億→83億(▲4.5%)

 

今期は増収減益決算となっています。ただ通期では増収増益で過去最高実績を目指すと宣言しています。

ただ株価は下落中。はたしてどうなることやら。個人的には量販店ビジネスはあまり好きではないので、あまり興味はないですが……。