お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

本ブログ初登場!コシダカホールディングスから株主優待券と2018年8月期の報告書が届きました!

f:id:mailto1979:20181130103305j:image

本ブログ初登場のコシダカホールディングス。8月決算ということで株主優待と業績報告書が届きました!

コシダカホールディングスの株主優待は?

コシダカホールディングスの株主優待制度は下記のようになっています。

株主優待券、②カタログギフト

100株以上 継続保有期間3年未満:①2,000円相当
継続保有期間3年以上*:①4,000円相当

400株以上 継続保有期間3年未満:① 5,000円相当 及び ②3,000円相当
継続保有期間3年以上*:①10,000円相当 及び ②3,000円相当

4,000株以上 継続保有期間3年未満:① 5,000円相当 及び ②5,000円相当
継続保有期間3年以上*:①10,000円相当 及び ②5,000円相当

 今回は400株のクロス取引だったので、5000円分の優待券が送られてきました。

コシダカホールディングスは、「カラオケまねきねこ」の運営をしており、そこで使える優待券になります。ちなみにこちらの市場評価は低めで、ヤフオクでは55%程度の値段で販売されています…。

コシダカホールディングスの業績は?

続いて業績をみてみましょう。

 

売上高  552億→617億

経常利益 63億→82億

当期純利益 32億→44億

 

大幅な増収増益決算となっています。上場以来11期連続の増収増益ということです。

 

続いてセグメント別の売上と利益も見ておきましょう。

 

カラオケ事業 319億3600万円(+7.8%)/31億5300万円(+53.8%)

カーブス事業 279億3300万円(+17.8%)/53億4500万円(+14.4%)

温浴事業   15億8700万円(▲3.0%)/7100万円(▲41.2%)

 

コシダカホールディングスとは聞きなれない会社ですが、事業としてカラオケの「カラオケまねきねこ」そしてフィットネスの「カーブス」を運営しています。

このカーブス事業を手掛けたことがこの会社の一番の特徴ではないでしょうか。

売上ではもともとの本業のカラオケ事業に迫り、利益では抜いています。今期はカーブスの世界総本部を買収して、世界的展開も可能となったということです。

事業別の売上・利益バランスもいいので面白いですね。