お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

本ブログ初登場!稲畑産業から中間報告とクオカードが届きました!

f:id:mailto1979:20171203111948j:image

本ブログ初登場の稲畑産業から中間報告書と株主優待として1000円分のクオカードが届きました。

稲畑産業株主優待制度はこちら

稲畑産業株主優待制度は下記のようになっています。

オリジナルQUOカード

100株以上 3年未満:1,000円分
3年以上:2,000円分

※継続保有期間3年以上は、毎年9月末を基準日として、3年前以降の全ての基準日において、株主名簿に同一株主番号で継続して記録されている株主が対象

僕の場合は100株のクロス取引でしたので1,000円分のクオカードとなります。

株価は年初来高値を更新するなど絶好調。2017年12月の株価からすると優待利回りは0.57%。優待目的では保有はない銘柄になります。

中間報告書から

せっかくですので、中間報告書から業績をみてみましょう。

稲畑産業は、化学専門商社。情報電子、合成樹脂が柱ということです。住友化学系ですが、オーナー企業になります。

それでは業績から。

 

売上高  304億9000万(+5.6%)

営業利益 29億3900万(▲48.2%)

経常利益 33億6900万(▲47.5%)

四半期純利益 27億3000万(▲41.6%)

 

増収減益となります。大幅な減益ですが、これは欧州の太陽電池関連の取引先に対する債権の計上というわけがわからない理由によるものということです。

太陽電池モジュールの在庫の販売予定先による無断売却ということのようですが、???な解説となっています。

ちなみに情報電子、合成樹脂が主力で、化学品や生活産業事業と多角経営をしています。グループ会社の紹介ページでは回転ずしのネタの加工会社を紹介されています。

また所在地別の売上では日本は45.9%、東南アジアが22.6%、北東アジアが26.1%ということです。意外にグルーバル企業です。

世の中にはいろいろな会社がありますね。普通に生活していたら知ることがない会社をしることができるのは株式投資の面白いところですね。