お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

nanacoカードにクレジットチャージをして、少しでも自動車税を安くする!

5月です。5月といえば自動車税の納付の季節です。コンビニでも支払うことができます。こちらを少しでもお得に支払う方法をご紹介します。

そもそも自動車税っていくら?

自動車税は4月1日の保有者に対してかかってくる税金になります。排気量によって金額が変わります。

自家用乗用車

1リットル以下          29,500円
1リットル超~1.5リットル以下    34,500円
1.5リットル超~2.0リットル以下 39,500円
2.0リットル超~2.5リットル以下 45,000円
2.5リットル超~3.0リットル以下 51,000円
3.0リットル超~3.5リットル以下 58,000円
3.5リットル超~4.0リットル以下 66,500円
4.0リットル超~4.5リットル以下 76,500円
4.5リットル超~6.0リットル以下 88,000円
6.0リットル超         111,000円

自家用乗用軽自動車      一律 10,800円

 こうしてみると軽自動車の安さが光ります。そりゃ田舎のセカンドカーはみんな軽自動車になりますわな。ちなみに我が家は1.5リットルの車でしたので34,500円となります。

お得にするポイントは、nanacoにクレジットチャージをして支払いをする!

この自動車税ですが、一部自治体ではクレジットカード払いが可能ですが、手数料がかかり、全くもってお得になりません。

クレジットカード以外ではコンビニで支払うことが可能です。ただこちら原則的には現金払いとなります。唯一現金以外で受け付けているのが、セブンイレブンでのnanacoでの支払いになります。

これを利用してnanacoカードにクレジットカードでチャージをして、クレジットカードのポイントをもらうことで間接的にお得にすることができます。

nanacoにチャージしてクレジットカードのポイントが貯まる主なカードはこちら

すべてのクレジットカードがnanacoにチャージをしたときにポイントが付くわけではありません。ここでは還元率1%を超える3つのカードをご紹介します。

 

リクルートカード

リクルートが発行するカード。還元率は1.2%となり、nanacoチャージの付与還元率ではNo.1。なお付与されるリクルートポイントがPonta。ローソンなどで使用を前提の人にはおススメの1枚。  

リクルートのクレジットカード Recruit Card

 

楽天カード

こちらは楽天グループが発行するカード。還元率は1.0%。付与されるポイントは楽天ポイントになります。楽天でのショッピングをよくする人にはおススメの1枚。注意はカードブランドをJCBにしておくこと。

【楽天カード】お得なキャンペーン実施中

 

Yahoo! JAPANカード

そして3枚目がヤフージャパンが発行するカード。還元率はこちらも1.0%。付与されるポイントはTポイントになります。Yahooショッピングではもちろん、街中での利用シーンが一番多いのが最大のメリットでしょう。こちらもカードブランドはJCBにしておく必要があります。

【Yahoo! JAPAN カード】

 

ポイント還元率では0.2%の差ですので自動車税だけの話だと大差はありません。

自分が使いやすいポイントと連携しているカードで選ぶのが基本かと思います。僕の場合はTポイント優先で、Yahoo! JAPAN カードにしました。

各カードともキャンペーンをよくやっていますので、そのキャンペーンに乗っかるのもいいでしょう。

 

ただこのコンビニでの税金払いを使ってのポイント還元は、個人事業主などの方の住民税支払いなどでも有効になります。そのような方は少しでも還元率が高いリクルートカードが良いかと思います。