読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

イオンから2016年上期の中間報告書と中間配当金のお知らせが届きました!

f:id:mailto1979:20161029155651j:image

本業のGMS事業の苦戦が続いているという報道が多いイオンから中間報告書と配当金のお知らせがとどきました。

中間配当金は15円に

中間配当金は昨年より1円増えて15円となりました。年間の配当予想も30円となっています。今期は純損失になっているのですが、増配でした…。

現在の株価からすると配当利回りは2.0%、購入価格からは3.1%となります。株主優待の還元金額からの利回りは、購入価格ベースで6.9%でしたので、10%の配当&優待利回りとなっています。

ここまでになってくるとおいしい銘柄ではあります。

続いて中間報告書から

今期は(も)厳しいようで、非常にふわっとした中間報告書となっています。イメージ先行の報告書で経営状況についての解説がペラペラでした。

2016年中間期の連結業績は、営業収益が4兆1118億円(前年同期比 100.9%)、営業利益が723億円(前年同期比 100.1%)、中間純利益は▲53億円(前年同期 21億円)となりました。

なんとか数字を作った感満載です。なぜ中間純利益が赤字転落かの説明はいっさいありません…。

セグメントごとの収益ですが、主力のGMS事業は183億円の赤字(前期は87億円の赤字)となっています。ここ数年の傾向どおり金融業(317億円の黒字)、ディベロッパー業(208億円の黒字)で稼いでいる状況が続きます。

期待の国際事業ですが、こちらも35億円の赤字となっています。収益も2053億円とじつは2年前からほとんどかわっていません。2年前のブログを読み返しましたが、その当時の報告書には2016年には国際事業で売上1兆円が目標となっていましたが、その半分にも到達しそうにないままです。

もちろんそんなことは今回の報告書には書かれていません。

はやくアセアンシフトしてよ!って株主としては思ってしまう現状でした。

 

aboutmoney.hateblo.jp

aboutmoney.hateblo.jp