お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

弱気な就職活動中の学生へ。就職活動中に心がけた方がいいこと3つ。

f:id:mailto1979:20160330092625j:plain

就職活動解禁で街でリクルートスーツの学生を見かけるようになりました。ということで、今回は就職活動について僕なりの考えを。

就職活動中に心がけた方がいいことをまとめてみました。

  1. できるだけ多くの企業をまわる
  2. 面接はゲームだと思って
  3. 決して大手だからって安心ではない。かといってやりがいを追いかけても。

それぞれについて少し解説をしていきましょう。

できるだけ多くの企業をまわることの重要性

実は就職活動というと、堂々と多くの企業をまわることができる数少ない機会です。世の中にはいろんな企業があって、それぞれが良い面をアピールしています。自分が志望する業界は当然でしょうが、それ以外の業界もぜひ巡ってみましょう。社会にはいろいろな仕事があることがわかります。

僕の場合、あまり興味がなかった情報システム会社を説明会なんかを出ていました。落とされた会社でえしたが、のちのち株を始める時に購入したりもしました。(儲けさせてもらいました)

これも縁ということで。

面接はゲームである

面接は緊張するもの。緊張しているとそれが相手にも伝わり、自信なさげに見えてしまい良い結果をうみません。学生時代に何かをなしとげたことがある人は、自分は他の人より優っているだろうという自信が生まれます。結果、堂々としてそれが他の人とは違うように見え、良い結果につながるという循環がおこります。

緊張しいの僕がやった自信のつけ方は、場数を踏むという方法です。興味がない会社の面接もどんどん受けました。場数を踏むと時々引っかかって、二次面接などに進むところが出てきます。そうすると次に受ける一次面接に対して、●●会社では二次までいったから一次ぐらいは余裕という、変な自信を持つようになります。

これって、雑魚敵(失礼ですが…)でレベル上げをしてボスに挑むRPGゲームと同じだと思いませんか?

興味がない業界の面接では何をしゃべっていいかわからない!なんて思うかもしれません。しかし、社会にでると興味がある分野だけや好きなことだけを仕事をするわけではありません。興味がなくてもそこに仕事があるということは、なにかしら社会が必要としているはずです。そのあたりを掘り下げていくとネタには尽きないと思います。

 

もうひとつ、面接は、良い人間を採用するという点よりも一緒に働きたいかという点が重要視されます。だから残念ながら容姿も少なからず影響するでしょう。容姿がだめなら知性や愛嬌で勝負するしかありません。

大学時代なんて、アルバイトぐらいだったのに何をPRすればいいの?なんて人も多いと思います。とある会社の最終面接で「で結局、君は寝る間も惜しんでやったことがあるの?」という質問に対して、とっさに出た答えが「しいていえば、麻雀ですかねぇ」と答え。結果、場が和み、それ以上の追及はありませんでした。そして内定をもらいました。

よく面接はお見合いゲームだといわれます。いわゆるコミュニケーションゲームですよね。それは逆に言えばあなたも企業を選ぶことができるのです。マッチングしていない結婚ほど不幸なことはありません。しっかり選びましょう。

大手がすべてではない。やりがいを追いかける人も注意。

やはり名前がある企業に入りたい。そう思う人も多いと思います。しかし大手だけがすべてではありません。古くは山一証券ですが、最近でもシャープも東芝東京電力も人員整理に追われています。本当に名前がある企業に就職しても中年になったときにリストラになるかもしれません。(ちなみに僕はシャープの面接に行ってたなぁ。あの時内定もらって就職していたら…とニュースを見て思うわけです)

現在の求人状況から考えると中小企業は人不足です。そうした企業の説明会にも行ってみてはどうでしょうか。場数にもなりますし。

 

もう一つ、就職活動期では「自分がやりたいことって何だろう」と自分探求をする機会になります。そうすると仕事に「やりがい」を求めるようになります。

特に若いうちはそうした考え方に重きを置きがちになります。しかしそうした若者の「やりがい」の上だけ成り立っている業界や企業が多々あることを知っているべきだと思います。「やりがい」に頼り人件費を抑えることによって利益を出すという仕組みではなく、しっかり売上をあげて利益が出ている仕組みを持っている企業の方をおススメします。

僕自身の意見は「やりがい」を否定するわけではなく、仕事に「やりがい」を持つことは大切だと思います。しかし企業側がそれに頼るというスタンスには気を付けた方がいいでしょう。

残念ながら多くの企業は最後まで面倒を見てくれません。潰れてしまってもあなたの代わりはいるのです。

 

就職活動だけが人生ではありません。そうそうに内定をもらった人はこの世の春の気持ちでしょうし、内定が決まらない人は全人格を否定された気分になるでしょう。

そんな皆さんに贈る言葉は、

 

人間万事塞翁が馬

 

です。良いこともあれば悪いこともある。それが人生です。