読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

イオンから中間配当金と中間報告書が届きました!

優待目的で保有中のイオンから中間配当金と中間報告書が届きました。

中間配当金は、予定通りの1株14円

f:id:mailto1979:20151105090058p:image
まずは中間配当金です。こちらは事前の予想通りの1株14円でした。100株保有ですので税引前で1,400円となります。ちなみに2月末の期末でも同じ14円を予定しているということです。2015年11月頭の株価が1770円とすると配当利回りは税引前で1.58%となります。
なお、購入価格は981円でしたので、購入価格からの配当金利回りは、税引前で2.85%となります。
あくまで株主優待のキャッシュバック目的(100株だと3%)ですので、まぁこんなもんでしょうね。

続いて中間報告書から

f:id:mailto1979:20151105090118j:image
続いて同封されていた中間報告書を見ていきましょう。
2015年中間期の連結業績は、営業収益が4兆0748億円(前年同期比 118.7%)、営業利益が722億円(同 166.6%)となっています。一見すると好調のようです。
しかし報告書の営業概況で部門別の収益を見てみると、そうでもありません。売上の3割を占めるGMS事業(総合スーパー)では、87億円もの赤字となっています。逆に稼いでいるは、金融業(272億円の黒字)とディベロッパ事業(208億円の黒字)となっています。
これはここ数年続く傾向で、もはやイオンは、数字上は金融&不動産のための小売業のようになっています。
GMSの立て直しが急務でしょうが、個人にはアメリカでのGMSの衰退を見ていると、簡単には行かないでしょう。
国際展開などを視野に入れるしかないのかなぁと思ってしまいます。