お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

吉野家の牛丼並盛を65円で食べる方法とは?

牛丼御三家の中でもやはり吉野家好きの方は多いのではないでしょうか。そんな方に牛丼並盛を65円程度で食べることができる方法のご紹介です。といっても簡単な話でして、タイトルはちょっと釣りが入っています。ごめんなさい。

まずは株主優待券を手にいれる!

f:id:mailto1979:20151028084948j:image

吉野家ホールディングスでは株主優待制度が設定されています。100株保有ですと2月末、8月末の半期毎に10枚の300円サービス券がもらうことができます。

2015年10月末時点は1500円弱ですので、15万円ほどの投資が必要となります。

株主優待情報 | IR情報 | 株式会社吉野家ホールディングス

 

すると大体、決算から1~2か月すると株主優待券が送られてきます。

続いて金券ショップでジェフグルメカードを手に入れる!

吉野家株主優待券ですが、ジェフグルメカードが併用できます。株主優待券ではお釣りが出ませんが、ジェフグルメカードはお釣りがでます。

ジェフグルメカードは金券屋で500円券が485円程度で販売されています。15円がお得額になります。

株主優待券とジェフグルメカードを会計で出すと、

 

ジェフグルメカード(500円)ー{牛丼並盛(380円)-株主優待券分(300円)}=420円

 

となり420円のお釣りもらえます。

実際のジェフグルメカードの仕入れ値は485円ですので、485円―420円=65円で牛丼1杯を食べることができます。

お釣りがでるギフト券では、少額決済だと効率が格段に上がります。今回の例でいうと、80円分に対して15円の節約になります。絶対額としては15円ですが、割引率は18.75%にもなります。

まぁこれも数字の見せかけのマジックとも言えますけどね…。

 

aboutmoney.hateblo.jp