お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

遅い夏休みの家族旅行は、マイル&株主優待券&ふるさと旅行券を使って長崎に行くことにします!

10月末に4日間ほどですが、遅い夏休みを取ることになりました。

行き先については家庭内で色々な案がありました。
下の子がまだ1歳なので飛行機チケット代がかからないので、飛行機を使う遠方がいいなぁということで、その中で有力候補になったのが、長崎でした。

旅行サイト&旅行代理店でお見積りは?

我が家は、夫婦+3歳+1歳という家族構成。
まずは旅行サイトで調べると約18万円‥。
※サイト見積りって子供料金の設定が複雑でなかなかきっちり比較できないのが難点ですよね。
妻に報告するとありえないと。
次にHISの窓口に行きました。するとパッケージツアーで15万円程度でアレンジできそうということでした。

旅行サイトで「ふるさと旅行券」なるものを発見!

一応、バラバラで個人で手配した場合の見積りを作ろうと各サイトを回ります。
その中のひとつ、Yahooトラベルで「ふるさと旅行券」なるバナーを発見しました。
 
ふるさと旅行券とは
地方創生の一環として自治体が旅費の一部を肩代わりしてくれる制度になります。今年に入りあちこちの自治体が始めています。
基本的には有力旅行サイトにばらまいています。ややこしいのは同じ自治体でも出しているサイトもあれば出していないサイトもあるということ。
おそらく自治体から各サイトに予算を配分して、その予算内でクーポンをばら撒いているようです。
ですので、「るるぶ」ではやっているけれども「楽天トラベル」ではやっていないなんてことも多々あります。
 
長崎県の場合
今回の長崎県では、6000円・9000円・12000円の各クーポンがあり、それぞれ宿泊料金の半額まで利用できます楽天トラベルでの配布は終了していましたが、その他のサイトではまだあるようです(2015年10月9日時点)
我が家では、佐世保に一泊、ハウステンボスに2泊のスケジュールで、6,000円と12,000円にクーポンを使用させていただきました。
結果、本来ならば3泊で43,000円だったところを25,000円の支払いとなります。

続いて航空券の手配

宿の目星がつきましたので、次は航空券です。名古屋⇄長崎の航空券なのですが、すでに帰りの夕方便は、マイルでは取れない状態でした。※HISでのツアーでも、すでに満席。キャンセル待ちでも割り増し料金が1名あたり6,500円かかる状態でした。3名で19,500円!
 
ですので、帰りは朝便にします。
まず大人の2名分に関して、マイルで購入します。僕が貯めているユナイテッド航空マイレージプラスだと往復10,000マイル×2名分となります。1歳児である下の子供は膝の上で無料。
続いて、料金がかかる3歳児分の手配です。こちらは小児株主優待運賃で予約。片道9,100円になります。現在、全日空株主優待チケットの流通価格は、5,500円程度ですので片道14,600円となり、往復で29,200円となります。

ネットパッケージツアー vs 旅行代理店 vs 個人手配 の結果!

ということで、今回の長崎旅行に関しての金額をまとめます。

 

ネットパッケージツアー(ホワイト・ベアーファミリー):¥180,000

旅行代理店(HIS):¥150,000

個人手配:¥54,200 ※ふるさと旅行券 ¥18,000分 & 20,000マイル使用

 

となりました!

個人には佐世保分が朝食がついていなかったりしますので、多少は加わりますが圧倒的に安く押さえることができました!

実際の費用としては、ハウステンボスの入場料やレンタカー代、食事代などが加わり、結局は10万円程度にはなると思います。

 

ふるさと旅行券&マイル様様の結果でした!

travelersnavi.com