読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

JR西日本から株主優待券と事業報告が来ました

f:id:mailto1979:20140613100622j:plain
 
僕の保有している株の中で、西日本旅客鉄道JR西日本)から事業報告と株主優待が届きましたのでちょっと見てみましょう。

まずは事業報告から

営業収益  1兆2989億円→1兆3310億円
経常利益  1046億円→1129億円
当期純利益  601億円→656億円
1株当り純利益  310円→338円
BPS  3850円→4167円
配当 90円→110円
 
といったところです。売上・利益とも堅調に微増となっています。景気回復の恩恵といったところでしょうか。また配当性向が高いのもJR西日本の特徴でもあります。55%程度となっており、年間110円の配当となっています。これは現在の株価では2.5%利回りとなります。
 
事業別の売上と利益です。
 
運輸  8513億円(910億円)
流通  2401億円(44億円)
不動産 1022億円(277億円)
 
その他で旅行や金融、ホテル事業などで1200億円ほどの売上があります。
駅ナカコンビニをセブンイレブンに譲渡したり、大阪三越伊勢丹の不振などが伝えられていますが、これを見ると流通業が不得手ということがわかります。JR東日本が不動産や流通事業、さらには金融事業でも稼ぐようにもなっているところを見ると残念ではあります。
地方の少子高齢化は止められませんのでいち早く、運輸業以外の収益源の確立を目指してもらいたいです。

熱心な株主優待について

この株の特徴のひとつが株主優待に熱心な点です。
 

鉄道優待割引券(1枚で50%割引)
 ・100株 … 100株ごとに1枚
 ・1000株 … 10枚+1000株超過分200株ごとに1枚
 ・1万株 … 55枚+1万株超過分300株ごとに1枚
 ・2万株 … 100枚
※100株以上を3年以上継続して保有すると、300株以上の株主には1枚、500株以上の株主には2枚、1000株以上の株主には3枚追加。
 

JR西日本ホテルズ優待割引券

(1)宿泊割引券(30%割引)(2)レストラン割引券(10%割引)

ヴィアイン優待割引券〔20%割引〕

ジェイアール京都伊勢丹JR大阪三越伊勢丹優待割引券
 (1)お買い物割引(10%割引)
 (2)レストラン・喫茶割引(10%割引)
 (3)美容室割引(10%割引)
 (4)写真室割引(10%割引)
 (5)貸衣装割引(10%割引)
 (6)駐車場優待 無料駐車サービス1時間延長

日本旅行優待割引券(5%割引)
 ・1枚

 

となっており各種様々な優待があります。といっても実際に金銭的価値があるのは、もちろん鉄道優待割引券です。こちらは最近、3年以上保有の株主への長期保有優待がプラスされました。現在、ヤフオクでは1枚あたり4000円強での取引価格になっています。

余談ですが、この長期株主優待施策の前までは、ヤフオクでの取引価格は4500円程度でした。流通量が増えると価値が下がるという典型的なマクロ経済学を身をもって体験しました。

さて、僕自身の保有は300株主ですので、4枚の鉄道割引優待券が送られてきました。ですので市場価格からいうと16000円分の価値(1株あたり5300円)となりますね。現在の株価からいうと1.2%の優待利回りとなり、配当とあわせると3.7%の配当優待利回りとなります。

購入価格からの配当優待利回りは、4.1%となりますので、まぁまぁな銘柄かと思います。ですので、引き続き保有銘柄の予定です。