お金に関することを徒然と

徒然なるままにお金に関することを書いていきます

自分の家を持つなら太陽光発電をやりたい!太陽光発電設備の設置を検討しています。

f:id:mailto1979:20100803090402j:plain

久しぶりの住宅ネタです。賃貸派の僕が、妻の後押しにより家を買うことになりました。といっても建売住宅になります。不動産選びは、正直立地最優先で選びました。今回はたまたま南向き、駅から5分以内という好立地の物件があり、契約にいたりました。

建売住宅でも太陽光発電を設置できるのか…

結論から言えば、もちろん設置できます!

 

基本的に賃貸派の僕が、戸建てのメリットを感じるのは、住宅ローンによる資金調達太陽光発電の設置の可能性があるということ。

今回は建売住宅の購入でしたが、屋根が平らだったので、太陽光発電の設置を検討しました。平らといっても図面をみると北向きの0.5寸の水切り勾配というものでした。

まずは建築工務店に問い合わせ見積もりを出してもらいます。パナソニック、ソーラーパートナーズ、Qセルズの3メーカーが出てきましたが、それぞれなかなかな金額になっています。明細も一式という適当なもの。

 

不満に思い続いて、太陽光設置の一括見積サイトから問い合わせをかけます。

 

《全国対応》太陽光発電無料一括見積り~他サイトより高けれはご一報ください~

 

一括見積サイトは、検索するといくつかでてきます。登録してから面倒なのは、複数の工務店から一気に問い合わせがくること。まぁ一括見積サイト宿命ですね。

用意するものは、建物の図面、屋根の材質。あと希望のメーカーを決めておくとスムーズですし比較検討が楽です。(僕の場合は国内ブランドだからといって信用はしていないので、ソーラーパートナーズとQセルズで見積もりをかけました)

図面を送ると各工務店から設置案と見積もりが送られてきます。メールだけですむ会社や会いたいという会社、電話が多い会社など様々です。僕は4社から見積もりをもらいました。正直、金額はバラバラ。保証の問題などを確認しておきます。

また初めてわかったのですが、僕の住む町では設置によって補助金が出ることも教えてもらいました。

 

建築工務店だけと話しをしているとわからないことでした。この見積もりをもって再度、建築工務店と話しをして、相手の出方を伺うことになります。建築工務店もなかなかタチが悪く、雨漏り以外の保証も重量の問題で外れるなどと脅してきます。たかだか数百キロのっただけで、潰れると脅すのもどうかと思いますが、そこは毅然と指値勝負となりました。

 

やはり住宅は多くの人にとって一生で1回の買い物であり、金額はブラックボックスに包まれています。言われるままでは高値掴みをさせられます。複数の選択肢を持つことが大事です。

太陽光発電の設置を経済的な投資商品として考えてみる

太陽光発電の設置は、固定買取制度ができてから8~10年で資金回収ができるように制度設計されています。初期投資は大きく150万~200万程度かかりますが、ここは住宅ローンに入れ込むという資金調達の技が使えます。

10年で回収できるとすると複利利回り7.2%となります。8年とすると9%の利回り商品を購入しているのと同じになります。地球にエコで(エコではないという話もありますが)、これだけの利回りがある商品は他にはそうそうありません。デメリットは雨漏りなどの家への損害リスクと保証についてでしょうか…。

 

売電価格は下がってきていますが、それに合わせて実際、パネル価格は下がってきており、2017年現在、メーカーにもよりますが工務店が出すパネル代(キューセルズで38000円程度だったはずです)の半額ぐらいがメーカーからの卸値と思われます(なぜ一般人の僕が原価を知っているかというと、間違って原価表が送られてきたからで半額とはビックリですね)。

おそらくまだ工務店にも利幅があるので、ここを吐き出し続けて、固定期間中には元が取れますよ…、っていうセールストークをし続けることを予想します。

最近はパネルメーカーや工務店もかなり苦しいようです。ただ固定期間内に元本回収できないとなるとさらに申込者が減ることが予想されますので、10年弱で回収できる設定までは利益を削ってでも金額が下がってくるでしょう。

10年以内に回収できるのであれば、経済投資としてもありなのではと考えています。

 

エイト証券の外国株の取扱終了のお知らせを受けて…

先週末、個人的には驚きのニュースが飛び込んできました。エイト証券(以前は、ユナイテッドワールド証券という名前でした)という証券会社が外国株の取り扱いが終了するというものでした。

僕の資産割合の1/3を占めるのが中国株への投資になります。実は中国株への投資は2002年から実施しており、その後の新興国ブームもあり、今の資産を築くことができました。つまり15年のお付き合いの証券会社でした。

外国株の特定口座への対応が遅く、その間にマネックス証券でも中国株口座を開いており、最近はマネックスの割合が多くなっていました。

エイト証券の特徴は、定額の安い手数料と現地通貨のまま取引ができることでした。ただやはり認知度が低いのと対応が適当(特定口座は2年以上も検討中のままでした)

 

現在、中国株と米国株で合計900万ほどの株式があり、これらを移管する必要があります。また現金は日本円に振替もあります。移管はともかく、現金が日本円に振替が強制されるということは、利益(または損失)が確定されることになります。

個人的には、中国株資産の縮小を予定していたので、これがキッカケにはなるのですけれど…。

 

最近忙しいのにこの時期とはなぁ…。

 

www.8securities.co.jp

ミサワホームから株主優待が届きました!

f:id:mailto1979:20170702125126j:image

昨年末に続き、ミサワホームクロス取引をし、株主優待が届きました。

ミサワホーム株主優待こちら!

ミサワホーム株主優待制度はこのようになっています。

クオ・カード
100株以上 1,000円分
1,000株以上 2,000円分
10,000株以上 3,000円分


自社グループ各社で利用可能な優待券 100株以上
<工業化住宅>
戸建住宅:建物本体価格3%割引
賃貸住宅:建物本体価格1%割引
分譲住宅:建物本体価格3%割引(販売開始1年未満の物件は対象外)
<在来木造住宅>
戸建住宅、賃貸住宅、分譲住宅:工事請負価格2%割引
<リフォーム>
工事代金3%割引(100万円以上の工事に限る)


クオカードと施工の割引の2本立てになっており、これが3月と9月の年二回実施されます。施工の方は初回見積もり時に提出なので、実際はその値段を上乗せされて見積もられるだけだとおもいます。

ちなみにクオカードはミッフィーの柄でカーボンオフセット機能付きということで、使用すると社会貢献することができるというもののようです。

僕の場合は、100株をクロス取引をしたので1000円分のクオカードが届きました。

ミサワホームの2016年度の業績は?

続いて株主総会の招集通知に入っていました事業報告書から昨年度の業績をみてみたいと思います。

 

売上高 3998億(0.1%)

営業利益 84億(25.7%)

経常利益 81億(19.9%)

当期純利益 44億(28.6%) 

 

一応、増収増益になります。事業別の売上はこちら。

 

戸建住宅事業 2091億→2026億

リフォーム事業 598億→620億

資産活用事業  834億→895億

不動産事業   342億→332億

 

中期経営計画では事業領域を「住生活全般」として、戸建住宅事業からの多角化経営を目指しており、その結果、戸建住宅事業が減少しても増収増益を達成したということです。

個人的にはリフォーム事業などの拡大は、無駄に新築を建てるのではないという観点から好感がもてます。

とはいえ住宅メーカーにはあまり興味がなく、保有方針ではありません。

aboutmoney.hateblo.jp

リーガルコーポレーションから2016年度の事業報告書と株主優待が届きました!

f:id:mailto1979:20170702101343j:image

革靴の定番ブランドであるリーガル。年に1~2足ぐらいは買い替えたいなぁとおもっていたところ、運営会社であるリーガルコーポレーションが上場しており株主優待もあるということで、昨年購入しました。

そんなリーガルコーポレーションから待望の優待と事業報告書が届きました。

リーガルコーポレーションの株主優待制度はこち

リーガルコーポレーションの株主優待制度は下記のとおり。

優待券(5,000円)
1,000株以上 1枚
3,000株以上 2枚
5,000株以上 3枚

僕の場合は1000株保有ですので、5000円分の優待券が1枚送られてきました。現在(2017年7月)の株価は290円程度ですので、優待利回りは1.7%程度となります。

ちなみに配当は1株あたり7円ですので、税引き前で7,000円の配当となりました。こち配当利回りは、現在の株価からすると2.4%となります。優待+配当利回りは、4.1%となりまずまずといったところでしょうか。

リーガルコーポレーションの2016年度の業績は?

つづきまして事業報告書から昨年度の業績をみてみましょう。

 

売上高  3633億→3567億(▲1.8%)

営業利益 19億9000万→14億5100万(▲27.1%)

経常利益 21億5200万→15億0300万(▲30.2%)

当期純利益 13億7700万→8億9000万(▲35.4%)

自己資本比率 48.7%→51.6%

 

昨年度は減収減益という厳しい状況でした。若者の革靴離れ、スニーカーシフトといったところは一旦は落ち着いたということでしたが、レディースが不振だったということです。確かにリーガルのレディースはイメージがあまりできません。

個人的には引き続き保有銘柄にしたいと思います。

オートバックスセブンから株主優待と2016年度報告書が届きました!(2016年通期)

オートバックスセブンから2016年度の事業報告書と株主優待が送られてきました。

 f:id:mailto1979:20170630085721j:image

オートバックスセブン株主優待こちら!

 

オートバックスセブン株主優待は、所有株に応じてのポイントカードになります。

所有株 株主様ご優待カード(半年ごと)


100株~299株    3,000ポイント(3,000円分のお買物)
300株~999株    7,500ポイント(7,500円分のお買物)
1,000株~2,999株 10,000ポイント(10,000円分のお買物)
3,000株以上     15,000ポイント(15,000円分のお買物)

 

これが半年ごととなりますので、100株の場合、年6000円分の優待になります。

今回僕の場合は300株で7500円分の優待カードが届きました。通期だと15,000円になりますので、結構な金額になりますね。有効期限は2019年12月ということで約2年以上もあります。車検やオイル交換やスタッドレスタイヤの時期に重宝しそうです。

ちなみに100株の場合、現在の株価からの優待利回りは、3.27%となり、まずまずの水準となっています。

オートバックスセブンの業績は?

続いて報告書から業績をみてみたいと思います。

 

売上高   2081億→2040億(▲2.0%)

営業利益  67億0100万→58億2900万(▲13.0%)

当期純利益 43億7100万→30億1500万(▲31.0%)

 

なかなか厳しい数字になっています。国内の少子高齢化やクルマ離れもあり、車両台数も減っていくので、長期的には厳しい状況なのは間違いありません。会社としては、車買取や海外展開を強化していくということで、これは個人的には好意的にみています。

個人的には、すでに実施していますが電気自動車のための充電スタンドの整備などを進めて来店促進につながる投資や、ガソリンスタンド内のショップの提携(ミニショップ的な展開)とかなんかがあってもいいのではと思います。

 

aboutmoney.hateblo.jp

ティーガイアから2016年度事業報告書と株主優待が届きました!

f:id:mailto1979:20170625121336j:image

本ブログ初登場のティーガイアから株主優待と昨年度の事業報告書が届きました!携帯電話の販売を主たる業務とする会社になります。

ティーガイア株主優待は?

ティーガイア株主優待制度は下記のようになっています。

 100株以上    QUOカード 3,000円分

 2017年6月現在の株価が2150円ほどですので、優待利回りは1.3%となります。なおこちらのクオカードですが、1枚につき50円が東日本大震災で被災した子供たちに寄付されるということです。

ティーガイアの業績は?

事業報告書から昨年度の業績を見てみましょう。

 

売上高 6200億→5515億

営業利益 156億→142億

経常利益 156億→142億

当期純利益 94億→96億

純資産  360億→293億

配当   43円→52円

 

今期は減収ですが、有価証券の売却益などで当期純利益は2.1%増となりました。昨今は大手3キャリアの販売店に加えて、MVNOショップの運営もするようになっています。来期は増収増益を予想しています。

携帯電話の販売代行会社って個人的にはあまり魅力を感じませんが、それでも業績が堅調です。生活の必需品ですからね。

大垣共立銀行から株主優待を使って、0.5%金利UPの定期預金を組んできた!

先日、株主総会が終了した、大垣共立銀行から、株主優待がとどきました。今年はじめてクロス取引をした銘柄になります。

株主優待とあわせて、業績をまとめたタブロイド紙やツアーのご紹介など、一風変わった報告書類が届きました。

 f:id:mailto1979:20170625113842j:image

確かに変わった銀行です。

ちなみに今年の意味不明の増資については、触れられていませんでしたが…。

大垣共立銀行株主優待制度はこち

大垣共立銀行株主優待制度はポイントカード制を採用しています。

1000株以上

1,000スペシャルポイント分の「スペシャルポイントカード」1枚
(1)定期預金金利(スーパー定期1年以内):店頭表示金利に0.5%上乗せ
  (預入限度額:100万円、新規預入に限る)
(2)外貨定期預金為替手数料:1米ドルにつき50銭割引
  (預入限度額:10,000米ドル、新規預入に限る)
(3)投資信託申込手数料:50%分キャッシュバック(上限5,000円)
(4)振込手数料:無料(国内振込取引上限10件)
(5)「サンクスポイント」への移行:12.5倍換算
1,000株以上    ポイント残高の範囲内で上記(1)~(5)の優待特典の中から自由に組み合わせて利用可能

5,000株以上  

地元名産品とコラボレーションしたOKBブランド優待品ラインナップの中からお好みの品を贈呈。
※毎年3月末および9月末現在の株主名簿に同一株主番号で連続して3回以上記録され、かつ毎回5,000株以上所有していること。

 5000株以上の優待については、今年から新設されたものになります。

なおスペシャルポイントカードがこちら。

 f:id:mailto1979:20170625113858j:image

普通の磁気カードになります。全部を1つの特典に使ってもいいですし、使い分けてもOKです。僕の場合は、当然、金利優遇一択になります。

早速、優待を使って大垣共立銀行で定期預金を組んできた!

ということで届いた優待を持って、大垣共立銀行の支店に行ってきました。大垣共立銀行ですが、最近は名古屋市内や愛知県内にも数店舗進出しており、便利になりました。ただ窓口が1つで、1時間も待つことになってしまったのですが…。

通常の口座開設の旨と優待を使った定期預金を組みたい旨を伝えます。

定期預金を組む間、最近大垣共立銀行が始めた手のひら認証の登録などをしてもらいます。この手のひら認証は、通帳やキャッシュカードがなくても、お金を引き出せるというもの。確かにこれは便利です。

約1時間ほどかかって、無事、定期預金を組むことができました。それがこちら。

 f:id:mailto1979:20170625113903j:image

最大の100万円の定期預金になります。0.51%の利率ですので、税引き前で5100円の利息になる予定です。ちなみに満期後は元利継続か元本継続しか選ばせてくれず、普通預金への戻しができないようで、解約手続きをしないといけないのが面倒です。

地方銀行株主優待で、高利率UP銘柄はこちら!(2017年6月現在)

今回の大垣共立銀行は、0.5%UPと高利率UPの優待を実施していますが、他にもいくつかそのような銘柄がありますので、まとめておきます。

大垣共立銀行【8361】

  • 権利確定月:毎年3月末日
  • 優待適用株式:1000株以上補油者に1,000スペシャルポイント分の「スペシャルポイントカード」を1枚進呈
  • 預入金額:10万円につき100スペシャルポイントと引き換えに預けれ可能(最大100万円)
  • 対象商品:スーパー定期
  • 預入資金:新規預入に限る
  • 預入期間:1年以内
  • 適用金利:預入時の店頭表示金利+0.5%(税引前)

鳥取銀行【8383】

  • 権利確定月:毎年3月末日
  • 取扱店舗:全営業店(ローンプラザ除く)
  • 利用期間:毎年7月1日〜翌年3月31日
  • 対象商品:スーパー定期またはスーパー定期300
  • 預入期間:1年
  • 預入限度額:10万円以上500万円以内
  • 適用金利(100株以上1,000株未満):店頭表示金利+0.3%(税引前)
  • 適用金利(1,000株以上3,000株未満):店頭表示金利+0.4%(税引前)
  • 適用金利(3,000株以上):店頭表示金利+0.5%(税引前)

伊予銀行【8385】

  • 権利確定月:毎年3月末日
  • 取扱店舗:国内全営業店
  • 対象商品:スーパー定期
  • 預入期間:1年
  • 預入限度額(1,000株以上5,000株未満):10万円以上100万円以内
  • 預入限度額(5,000株以上):10万円以上200万円以内
  • 適用金利:店頭表示金利+0.5%(税引前)

沖縄銀行【8397】

  • 権利確定月:毎年3月末日・9月末日(ヤフーの記載による)
  • 優待適用株式:100株以上で株主優待定期作成券1枚
  • 対象商品:スーパー定期
  • 預入金額:10万円以上300万円まで
  • 預入期間:1年
  • 適用金利:店頭表示金利+0.5%(税引前)

金利政策により、現在は上記4行のみが0.5%の上乗せ優待を実施している模様です。実際、鳥取銀行は3000株以上保有での優待ですので、実質は3行となっています。

少し前まではまだそれなりの銀行が0.5%上乗せ優待を実施していましたが、改悪が続いています。

正直、大垣共立銀行もいつまで0.5%上乗せが続くかわかりません…。なお0.3%の上乗せの銀行はまだ多数あります。0.3%程度であれば通常のキャンペーンでも出てくる金利ですので、優待の手間を考えると保有する気にはなりません。

東京や大阪、名古屋であれば上記の支店もありますので、優待目当てで保有するのも手かもしれません。

 

aboutmoney.hateblo.jp